新着商品 :
読書のすすめ    カートを見る      

新着商品




読書のすすめセレクト「春の図鑑&絵本」プレゼントセット!

追加:
読書のすすめセレクト「春の図鑑&絵本」プレゼントセット!
モデル: zukanehonsetto
価格: 7,020円


【今、読書のすすめで大人気の『心やさしく賢い子に育つ みじかいおはなし366』と『にっぽんの図鑑』、そして、大人気絵本『さかさ町』をセットにしたプレゼントセットです。】◆どちらも、大人が読んでもとってもためになる内容で、それぞれプレゼントすると大喜びしてもらえるとっておきの図鑑と絵本をセットにしました。新入学やお祝いに、親子で読める心に残る素敵なプレゼントになること間違いなし!お子さんへのプレゼン

「どうせ無理」と思っている君へ---本当の自信の増やしかた

追加:
「どうせ無理」と思っている君へ---本当の自信の増やしかた
モデル: 4569786407
価格: 1,296円


植松努著◆「このたび、新しい本が出ることになりました。 タイトルは「どうせ無理と思っている君へ」です。 サブタイトルは「本当の自信の増やし方」です。 この本は、おそらく、月曜日あたりから、お店に並ぶと思います。 この本は、講演おこしの本ではありません。 だから、講演であんまりしゃべっていないことが書かれています。 今回重視したのは「自信」の部分です。 自信をいかにして失ったのか? ...詳細

【池間哲郎先生おすすめ!】ねずさんと語る古事記 壱

追加:
【池間哲郎先生おすすめ!】ねずさんと語る古事記 壱
モデル: 4792605810
価格: 1,512円


小名木善行著【3月23日入荷予定】◆当店でもお馴染の池間哲郎先生が今大絶賛の1冊がこちら!「難解な『古事記』を丁寧に解説して、分かりやすく読みやすい。今までイマイチ解らなかった神話の意味。古代の先人達が何を伝えたかったのか。日本人の本質とは何かを教えてくれる。皆さん、自らの学びは当然のことながら、我が子の為にもこの本を手に入れて勉強してみてください。」3月19日池間哲郎先生のフェイスブックページよ

面倒だから、しよう

追加:
面倒だから、しよう
モデル: 4344025066
価格: 1,028円


渡辺和子 著【『魂が震える話』著者安藤けいさんのブログ「魂が震える話」ブログにて、おすすめの本がこちら!】早速、安藤けいさんのブログでご紹介のおすすめ文をご覧ください→◆ 美しくなりたい方、必見です♪ _______ 『泥かぶら』という劇があります。 ...詳細

ちょっとしたことで「かわいがられる」人

追加:
ちょっとしたことで「かわいがられる」人
モデル: 4837926733
価格: 1,080円


山 武也 著【『魂が震える話』著者安藤けいさんのブログ「魂が震える話」ブログにて、おすすめの本がこちら!】早速、安藤けいさんのブログでご紹介のおすすめ文をご覧ください→◆「どこから買うか?というお話です。 _______ 自社製品の使用について原点に返って考えてみると、それは愛社精神の表われであるともいえる。 皆で力を合わせてつくっている製品である。 ...詳細

80の物語で学ぶ働く意味

追加:
80の物語で学ぶ働く意味
モデル: 4532198169
価格: 864円


川村 真二著【『魂が震える話』著者安藤けいさんのブログ「魂が震える話」ブログにて、おすすめの本がこちら!】早速、安藤けいさんのブログでご紹介のおすすめ文をご覧ください→◆「噺し家“古今亭志ん生”さんのお話です。 _______ 名人落語家の古今亭志ん生は、戦時中に、開拓民、軍人の慰問で満州に入り、大連で日本の敗戦を知った。 ...詳細

【立花大敬最新刊】劇的に運が良くなるお経般若心経・延命十句観音経

追加:
【立花大敬最新刊】劇的に運が良くなるお経般若心経・延命十句観音経
モデル: 4048928564
価格: 1,404円


立花大敬著【入荷しました!】◆以前から読書のすすめでも大人気!斎藤一人さんもおすすめの立花大敬さん最新刊の入荷が決定しました。今回の最新刊は、健康長寿、願望成就、危機回避の最短ルートである、「般若心経・延命十句観音経」の教えを分かりやすく解説した決定版!今まで立花大敬さんの本をお読みの方はもちろんですが、初めて読まれる方も、大敬さんのお経の解説の分かりやすさ&深さをこちらの本で是非体感してください

神様の御用人

追加:
神様の御用人
モデル: 9784048662703
価格: 616円


社会人野球の世界に入ったものの、膝を壊し野球を断念した良彦。更に会社も辞め一時は引きこもりになり、現在はフリーター。そんな良彦はある日突然神様の御用人を命じられますが、御用人とは名ばかりのパシリ状態!神様にも人間と同じように願い事があるということで、お金も特殊能力もない良彦は神様たちの無理難題を解決すべく奔走するのですが…神社が点在する京都に住みながら、神様に疎い良彦の頼りになる(?)助っ人はスイ


読書普及協会