全商品 :
読書のすすめ    カートを見る      

全商品





「雑巾がけ」から始まる禅が教えるほんものの生活力

追加:
「雑巾がけ」から始まる禅が教えるほんものの生活力
モデル: 4087860306
価格: 1,512円


有馬頼底著◆いろんなことを学ぶことは、本当に大切なことだと思います。しかし、いくら学んでもその土台となる心がしっかりと整っていないのであれば、どんなに真面目に学んでも暖簾に腕押しじゃまったく意味をなしませんね。人としての土台をつくるにはこの本、とってもいいですよ。ぶれない、動じない、禅僧の「胆力」は

「三方よし」の人間学

追加:
「三方よし」の人間学
モデル: 4569818092
価格: 1,080円


廣池 千九郎著 廣池 幹堂編集◆ 法学博士にして教育者、そして救済活動家。新たな倫理観を打ち立てた偉人の箴言集! ...詳細

「私の人生論」天野貞祐〜幻のタテ糸の書!

追加:
「私の人生論」天野貞祐〜幻のタテ糸の書!
モデル: 4284801041
価格: 4,104円


天野貞祐著◆突然ですが、天野貞祐(ていゆう)という人物をご存知でしょうか?恥ずかしながら、この「私の人生論」シリーズを読むまで、この人物を知りませんでした。埼玉県にある独協大学の初代総長であり、第3次吉田茂内閣の文部大臣を務められた方なのです。そして、天野氏は、21歳の時に当店でも大人気の内村鑑三著

「社会」のない国、日本---日本の未来に向けられた希望の書

追加:
「社会」のない国、日本---日本の未来に向けられた希望の書
モデル: 4062585989
価格: 1,782円


菊谷和宏著◆本書は、国家による冤罪事件として知られるフランスのドレフュス事件(1894-1906年)と日本の大逆事件(1910年)を取り上げ、日仏両国の比較を通して、日本に見出される問題が今日もなお深刻なまま続いていることを明らかにする。 ...詳細

「消費」をやめる---銭湯経済のすすめ

追加:
「消費」をやめる---銭湯経済のすすめ
モデル: 4903908533
価格: 1,760円


平川克美著◆ 「経済成長なき時代」のお金の生かし方—— 「消費第一世代」として、株主資本主義のど真ん中を生きてきた著者がたどりついたのは、半径3km圏内の暮らしだった……。 【銭湯経済】 空虚感を埋め合わせるための消費欲に支配されることなく、 ...詳細

「新装版」君たちはどう生きるか---時代を超える名著!

追加:
「新装版」君たちはどう生きるか---時代を超える名著!
モデル: 4838729463
価格: 1,404円


吉野源三郎著◆【喜多川泰さんオススメ本】貧困、いじめ、勇気、学問…。今も昔も変わらないテーマに、人間としてどう向き合うべきか。時代を超えた名著、新装版で再び。「ヒューマニズムに根差した良い本は、 時代を超えて人々の心をつかむのです」 (ジャーナリスト/池上彰さん) ...詳細

「世間」とは何か---日本社会の本質をえぐる歴史的名著

追加:
「世間」とは何か---日本社会の本質をえぐる歴史的名著
モデル: 4061492622
価格: 864円


阿部謹也著◆第一段(世間と社会の違い)  世間という言葉は誰もが使っているが、何かをきちんと答えられる人はいない。社会とは違う。世間は明治以降文章から消えたが会話の中ではしばしば使われ具体的である。他方、社会は明治以降文章では使われるが抽象的である。 ...詳細

「荘子」の人間学---のびのびと生きていく!

追加:
「荘子」の人間学---のびのびと生きていく!
モデル: 4822247805
価格: 1,728円


守屋洋著著◆国会中継を見ておりました。政治について批判めいたことを言うつもりはありません。 しかし、あれを見ていて少々驚きました。 「私が絶対に正しい」 ...詳細

「待つ」ということ〜逆のものさし的おすすめ本!

追加:
「待つ」ということ〜逆のものさし的おすすめ本!
モデル: 4047033962
価格: 1,512円


鷲田清一著◆逆のものさし講東京聴講生栗原正成さんおすすめ!中に書かれているのが、まさに逆のものさし的発想で書かれています。まさに、待てない時代に、待つことのそもそもを考えるためのとっておきの1冊です。それでは、栗原さんの紹介文をどうぞ!→「スピード社会の中では、早く結果を出し右肩上がりの成長を常に求

「大」を疑え。「小」を貫け。---大即小、真逆のものさしを持て!

追加:
「大」を疑え。「小」を貫け。---大即小、真逆のものさしを持て!
モデル: 4062814423
価格: 648円


桜井章一 鍵山秀三郎著◆世の中がヘンになってきている。こんな時代に、大樹に寄ったり大きな流れに身を任せる生き方でいいのだろうか。勝負師として生きてきた桜井氏は「大」を疑えと示す。地道なことを厭わない鍵山氏は「小」を貫けと説く。心の汚さを徹底して嫌う二人の言葉は、自分自身の力を見つめ直し、人生哲学を持


人情横丁