ついに発売!◆待望の書◆ 小林よしのり『コロナ論』 [4594085636] :
読書のすすめ    カートを見る      

ついに発売!◆待望の書◆ 小林よしのり『コロナ論』

1,320円

小林よしのり著◆新型コロナウイルスの“震源”となった中国・湖北省武漢から200人余りの現地滞在の日本人を乗せたチャーター機が成田に降り立った1月末、本書の著者である小林よしのり氏は、独自の視点でコロナに関する情報を発信し始めています。 感染拡大によって激しさを増していく“コロナ・パニック”について、小林氏は早期の段階から懐疑的な見解を示し、「私権」を脅かすことに繋がりかねない政府の緊急事態宣言やメディアによる“インフォでミック”の危険性を、作品を通じて繰り返し訴えてきました。 インフルエンザで毎年1万人もの人が死んでいるのに、なぜ、日本人は新型コロナウイルスに対して、これほどまでに恐怖心を抱くようになったのか? もっとも多くの死者を出している米国では、7月20日現在で14万人の人が犠牲になっています。 これに対して、日本では1000人程度の死者数で抑え込んでいます。 この「ファクターX」が何であるかは、いずれ検証されることになるでしょう。 ですが、これらの数字を見る限り、殊、日本においては、別の選択肢もあったのではないか?という疑問が拭えないのも事実です。 テレビ朝日系列『羽鳥慎一モーニングショー』がその最たる例ですが、「外出自粛」が要請されているのを言いことに、メディアは盲目的に恐怖を煽って視聴率を取りにいっていました。 「アフターコロナ」「ウィズコロナ」「新しい生活様式」「ニュー・ノーマル」……など、聞きなれない言葉が飛び交うようになり、私たち日本人も価値観の変容を迫られています。 特別対談 木村盛世氏(元厚労省医系技官・医師)×小林よしのり 幸運にも「抑圧政策」を実行中にワクチンが開発されたとしても、 その間に社会や経済や文化がボロボロになってしまえば意味がない 特別講義 金塚彩乃氏(弁護士=第二東京弁護士会・フランス共和国弁護士=パリ弁護士会) 新型コロナウイルスとフランスの緊急事態法 〜日本の「緊急事態宣言」とは何だったのか?

カートに入れる:

  • モデル: 4594085636


人情横丁