【入門におすすめ!】「ティール組織」の源(ソース)へのいざない [4862575241] :
読書のすすめ    カートを見る      

【入門におすすめ!】「ティール組織」の源(ソース)へのいざない

1,925円

嘉村賢州著、天外伺朗著◆2020年3月の成幸読書『「人類の目覚め」へのガイドブック』や、『実存的変容』、そして、今も人気の『ティール時代の子育ての秘密』などで有名な、天外伺朗氏が、『ティール組織』の解説者 嘉村賢州氏と共に、本の核となる名著『ティール組織』の思想のエッセンスを語ったセミナーの実録が、この1冊に!これまで、読書のすすめでおすすめさせていただいた、天外氏の名著シリーズ『ザ・メンタルモデル』、『自然経営』、『実存的変容』などの本の疑問点や、日本的な活かし方などが書かれているので、これまで天外氏の本を読まれた方も、これからの組織のあり方が書かれた『ティール組織』の入門編で、エッセンスを知りたい!という方にもおすすめの1冊になっています。ご興味あれば、変化の真っ只中にいる犧!瓩海修すすめです。→「次世代型の新しい組織運営として注目を集める「ティール組織」。本書はそのブームの先駆けとなった『ティール組織』(英治出版)の解説を務め、日本のティール組織研究の第一人者でもある嘉村賢州氏を講師に、元ソニー上席常務の天外伺朗氏が主宰する経営者向けのセミナー「天外塾」で開催された3回のセミナーの実録を中心に、大きく時代が変化していく、この「ティール時代」を深掘りしています。 「ティール」というのは、決して企業経営の方法論ではなく、「人類の目覚め」とも呼べる個々の意識の変容に基づく「世界観」の大きな転換です。『ティール組織』の著者F・ラルー氏がこの世界観をどうとらえているかを探り、そのフィロソフィーを把握することが大切でしょう。その上で、より実務的な観点で、日本の文化に合った「ティール経営」のあり方を探っていきます。」

カートに入れる:

  • モデル: 4862575241


人情横丁