【幻の絶版本が残りあと10冊で、なんと半額!】いり豆の花 [4893501806] :
読書のすすめ    カートを見る      

【幻の絶版本が残りあと10冊で、なんと半額!】いり豆の花

2,563円

出口和明著【副題:大本教開祖出口なおの生涯。なんと上下段の800ページという読み応え抜群の1冊です。※こちらの本は、すでに絶版になっている本ですが、とある仕入れ先で見つけた幻の超貴重な1冊です。新刊の本ではありますが、出版社に長く眠っていたため、20冊限定!現品限りの絶版本の掘り出し物として、通常の書籍の定価より狷段未豊瓩覆鵑函お得な、定価の半額にてご購入いただけます。※定価は、5,126(税込)在庫がなくなり次第、取扱終了になりますので、気になる方はお早めにご注文ください。【注意】本の後ろに「自由価格本」というシールが貼ってありますが、こちらのシールは出版社に眠っていた掘り出し物の証拠なので、予めご了承ください。ちなみに、本の状態は多少、表紙に痛みや汚れがあるものもありますが、中身等は基本的に通常の本とほとんど変わりません。こちらも予めご了承ください。】◆今、清水店長が一番おすすめの超貴重な掘り出し本『日本人は何を考えてきたのか』の「昭和編」の第1章のテーマは、「大本教 民衆は何を求めたのか〜出口なお・王仁三郎」でした。この章を読んでいただくとよく分かりますが、出口なおという人物が大本教の開祖になった背景は、当時の時代背景が大きく関係していて、「競争に明け暮れ、貧富の差が広がってしまった世界」の中で、表には出ない「民衆」の強い思いを代表した行動や、「民衆の生活」の中から生まれた思想だったと知って意外な一面を知り、大本教や出口なおなどの印象も変わりました。→「大本教の場合は、出口なおという開祖が特別に貧しく、教育もまったくない人だった。いわば,ずっと下の方から世界をとらえようとした非常に珍しい事例ですね。―中略― 一般的に、思想史と言った場合は、かなり有名な思想家たちの流れを追うことになりますね。例えば、江戸時代だったら、本居宣長、荻生徂徠といったように。そういう視点で考えたときに、(出口)なおの「お筆先」にふれると、爐┐叩△海鵑覆發里發△辰燭鵑世吻瓩犯鷯錣紛辰があったんですね。それが、日本の思想史の中でどういう意味を持っているのか、ということをしっかりと考えてたいと思ったんです。大本教は、民衆の宗教から出発し、そこから思想をつくり上げた、大変に珍しい事例ということになるのではないかと思います。」『日本人は何を考えてきたのか』昭和編より―このように、日本の思想史の重要な歴史の一部として、いわゆる牋貎予醋嘘很伸瓩鯡椹悗后▲織道紊瞭表颪鯡椹悗抗Г気鵑法△気蕕豊狄爾畭臻楸気箜祖出口なおの人生を学ぶ1冊として、こちらの『いり豆の花〜大本教開祖出口なおの生涯』も冊数限定でご用意しました。『日本人は何を考えてきたのか』昭和編を読まれた方、日本の思想史、そして、昭和にかかる重要な「稗史」を学びたい方は、是非!→「ある日突然、やさしい母は神の言葉を語りだした…。大本開祖、出口なお。艱難と愛に満ちた八十三年の軌跡。『大地の母』の著者・出口和明が、独自の入念な取材に基づき、大本教祖の隠された実像に迫る、圧巻の800ページにも及ぶ、出口なおの「伝記」の決定版!

カートに入れる:

  • モデル: 4893501806


読書普及協会