日本人は何を考えてきたのか『稗史大正編』---「一等国」日本の岐路 [4140815519] :
読書のすすめ    カートを見る      

日本人は何を考えてきたのか『稗史大正編』---「一等国」日本の岐路

1,650円

NHK取材班編著◆【数量限定本】「稗史」とは、負けた側、あるいは反体制側の歴史のことである。これを知らなきゃ本当の歴史像はつかめない。 近代化の矛盾、 そしてデモクラシーが始まった 近代文明への道を歩み始めてから150年、これから日本はどこへ向かってゆけばいいのか。「思想の巨人」たちの苦闘から、日本が抱える問題の源流を辿る全三巻シリーズの第二弾。内村鑑三・吉野作造・石橋湛山・柳田国男・河上肇ほか、近代国家日本の転換期・大正時代に、アジアと日本、デモクラシー、貧困と格差、震災と復興について考えた思想家たちを取り上げる。

カートに入れる:

  • モデル: 4140815519


読書普及協会