【昭和34年発売の復活本】父 渋沢栄一 道徳なくして経済なし! [4408537443] :
読書のすすめ    カートを見る      

【昭和34年発売の復活本】父 渋沢栄一 道徳なくして経済なし!

1,980円

渋沢秀雄著◆「最近仕事が忙しくて本を読む時間がない」 とおっしゃる方が多い。 仕事が忙しいのは大いに結構なことである。 ヒマじゃ困っちゃう。 しかし、だからと言って本も読まなくなると、 自分の心の栄養が枯れているのに気が付かなくなる。 これが仕事がヒマなことよりも、一番怖いこと なのではないか? あの渋沢栄一は片時も論語の本を離さなかった という。 多忙とは渋沢栄一の代名詞である。 そんな彼でも、縦糸系の読書を実践する。 仕事と読書はコインの裏表の関係だろう。 外からの出来事や刺激や困難や煩悶は、 いつでも私たちの前に現れる。そんなとき、 内側の心のマークを疎かにしていることこそが、 不自然な行為である。2024年、経済人として初めて紙幣の顔となる、渋沢栄一。 彼は、江戸から昭和へと、四つの時代を駆け抜けた。明治維新の志士、大蔵省の官僚、数多くの企業の創立や発展に携わる企業人として生きていく中で、多くの意思決定を迫られていた。 その際判断基準となったのが、〈その行動で社会をも利することができるか〉、つまり公益の追求である。道徳に照らし合わせた活動でなければ経済活動の継続も難しいというのである。 令和に生きるビジネスマン必見、持続可能な経済実現のヒントがここに。 巻頭には栄一の歩みを写真で振り返る、豪華12頁のグラビアページも収録!

カートに入れる:

  • モデル: 4408537443


人情横丁