人ありて---頭山満と玄洋社「ひとりでいても淋しくない人間になれ」 [4874154458] :
読書のすすめ    カートを見る      

人ありて---頭山満と玄洋社「ひとりでいても淋しくない人間になれ」

2,530円

井川聡 小林寛著◆そこには燃えさかるような炎があった (夢野久作) 民権と国権の相克から誕生し、インドの独立、孫文の中国革命の支援など、アジアの自立に向けて活動した玄洋社。頭山らの足跡を克明に追い、彼らが夢見た世界とこの実像に迫る。 「ひとりでいても淋しくない人間になれ」。頭山は玄洋社の若い人たちにこう言った。単に孤独に打ち勝てというのではなく、自ら光を放つ人間になれ、という意味だったという。 思想や理屈や能書きではなく、一人もでも戦う勇気のある純粋な人間の集まり。「頭山がやるというのならおれもやる」式の男たちの集団。それが玄洋社の実像ではないだろうか。そして、彼らが目指していたものは、西欧の近代合理主義に立脚した国づくりではなく、西郷が夢見た、もっと東洋的な和の精神を大切にする「もうひとつの日本」だったように思える。(本書より)

カートに入れる:

  • モデル: 4874154458


読書普及協会