【再入荷!】易経 陽の巻、陰の巻2冊セット! [youtoin] :
読書のすすめ    カートを見る      

【再入荷!】易経 陽の巻、陰の巻2冊セット!

3,960円

竹村亞希子、都築佳つ良著◆学問や読書をしていれば、いつかは辿り着く教えとしてご存知の方も多い「易経」挑戦しようと志す方や興味がある方は沢山いらっしゃるものの、入門にピッタリな本がなかなかなく、挫折される方が多いのも事実です。そこで、「易経」の読みやすい本を探していたのですが、ちょうど2年前の2017年12月に見つけたのが、親子でも読めて、「易経」の大事なエッセンスも学べる、こちらの『易経 陽の巻』と、『易経 陰の巻』です。とにかく読みやすく、そして、主人公の成長物語の中で、「易経」を学ぶことの面白さも教えてくれる、「易経」入門にピッタリなおすすめの「陽の巻」と「陰の巻」だったのですが、この度、2年ぶりの最新刊で完結編の「青流の巻」の発売に合わせて、再入荷しました!副題は、「こどもと読む東洋哲学」となっていて、こちらの陽の巻と、陰の巻が出ていて、陰陽どちらの巻も読むことで、「易経」の大切な教えが学べるようになっています。※主人公は、陽の巻が小学生、陰の巻は中学生に成長した続編になっていますが、物語形式で、お子さんはもちろん、大人の方も「易経」に入る前の基本的な考え方を学ぶためにとっておきのおすすめになっています。その昔、「易経」は変化の書と呼ばれ、困った時や迷った時に「易経」を読み、物事への対処法を自分で見つけていました。「易経」の根本である「天地」の中の、「天」の部分。龍の成長物語「乾為天」がテーマの「陽の巻」。「「易経」の根本である「地」の部分。牝馬の教え「 坤為地 」がテーマの「陰の巻」どちらも読めば、陰陽両方の「易経」の大切な教えの基本を掴むことができて、効果倍増なので、まだお読みでない方は、陰と陽の巻2冊セットが、是非おすすめ!※小学4年生以上の漢字にはすべてルビがふられているので、親子で楽しめますよ♪

カートに入れる:

  • モデル: youtoin


人情横丁