【本物中の本物名著!】カタカムナへの道〜潜象物理入門 [4990959234] :
読書のすすめ    カートを見る      

【本物中の本物名著!】カタカムナへの道〜潜象物理入門

3,630円

関川二郎著、稲田芳弘著【※11月下旬〜12月上旬頃入荷予定。北海道の出版社からお取り寄せになるので、入荷までに10日〜2週間】◆こちらの本の書名にもなっている、カタカムナは、今から約13000年前の上古代の東アジア一帯、特に日本で高度に発達したといわれる、言霊を元にした宇宙物理学と言われています。そして、カタカムナは、「形のあるもの(カタ)は、形のないもの(カム)の分身(ナ)である」という意味もあり、目に見える現象の裏にある、潜象の法則性の読み解きでもあります。このカタカムナを初めて解読した人物が、物理学者・電気技術者の楢崎皐月(ならざき・こうげつ)という人物で、その後継者、宇野多美恵氏に受け継がれるのですが、そんな日本語48音の響きに秘められた宇宙と生命の神秘を読み解けるのは、正統な後継者のみで、その他の本は、「真のカタカムナについて書かれていない」ということを、ある日本文化に精通されて、教授もされている方から教えていただきました。では、その正統なカタカムナの後継者が書いた本は?といいうことで教えていただのが、こちらの『カタカムナへの道』です!正統な後継者の方が書かれた本なので、本物の内容が書かれていますが、その分、極太の内容で、簡単ではありません。が、挑戦する価値は大いにあります!日本語48音の響きに秘められた宇宙と生命の真相を解き、潜象物理の本質に迫る入門書。カタカムナの本質が書かれた『相似象』を徹底的に読み込み、その難解なカタカムナの真髄を一冊に集約した決定版!<目次より>・序章 潜象道研修塾;・第1章 序論;第2章 日本語48音の思念;第3章 楢崎の生涯と宇野多美恵;第4章 カタカムナ解読の推移;第5章 楢崎の直観物理の概要;第6章 宇野と三人の師;第7章 カタカムナから宇野が得たもの;第8章 宇野が開発した鍛錬法;第9章 まとめ―筆者が得たもの;カタカムナ単音字典

カートに入れる:

  • モデル: 4990959234


読書普及協会