私は宇宙のかけら〜あなたの今を輝かせる万物の黄金律 [4864107204] :
読書のすすめ    カートを見る      

私は宇宙のかけら〜あなたの今を輝かせる万物の黄金律

1,430円

柊木匠著【9月14日頃入荷予定】◆8月の成幸読書選定本、佐治晴夫著『宇宙のカケラ〜物理学者、般若心経を語る』に心震えながら、9月に発売の最新刊情報を見ていたら、『私は宇宙のかけら』という本を見つけて、偶然なのか必然なのか、全く同じ書名で、どちらも物理学者が書いた本ということに驚いて、すぐに出版社の方に連絡をして、原稿を読ませていただいたところ、こちらの本も面白い!佐治晴夫先生の『宇宙のカケラ』は、仏教のエッセンスである「般若心経」の解説書でしたが、こちらの柊木匠氏の『私は宇宙のかけら』は、物理学者が人生の秘訣を書いた、全く新しい自己啓発本になります。「物理=もののことわり」と書くように猜事に働く理(ことわり)瓩魏鯡世靴討い襪里物理学という視点から、難しい数式や用語をできるだけ使わずに、量子論や相対性理論、宇宙論などの現代物理学を駆使しながら人生における爐海箸錣雖瓩鯑匹濂鬚い殖浦です!「この世界は物理学の視点から、いろいろな考え方や解釈ができます。まず、解釈の仕方によって次に起こるコトも変化する「選択の世界」という解釈。考え方や捉え方の数だけ世界が存在し、完璧なものは何一つなく、一定の秩序の中に変化を含んだ世界。そこでは、自分がどこにフォーカスし、どういった意思決定をするかで人生は良いものにも、平凡なものにもなります。また、「振動・揺らぎの世界」であって、人やモノ・コトに対して、共鳴と干渉が起こる「バランスの世界」と捉えることもできます。他の人やモノ・コトに対してバランスを取ることが大切だと目に見えない量子たちは教えてくれています。そして、いまの時代は「相互作用が多い非線形な時代」という捉え方。多様な選択肢やシナリオがあって、なかなか予測も難しい時代ですが、その中で、素晴らしい人生を送ろうとするなら、自分を確立することが必要とされます。」あとがきより―人間関係を粒子間のキャッチボールで解説してみたり、物理学の振動の理論から願いの実現化や、人との出逢いの秘訣を説いたり、「この世界は選択の世界」という量子論の考え方から、人生の選択と意味づけについて、そして、ゆらぎの世界、不確定性、共鳴と干渉の振動を生かした、成功の方程式(※成功は強みと時間の関数という章は必見!)まで、宇宙のかけらである私たちが、物の理、人生における理、法則に沿って力強く生きていくための見方・考え方が、わずか130ページ程のこの一冊に凝縮しています。悩みや、行き詰まりも、科学の視点から見つめなおすと、理や法則といったものから外れているから壁にぶつかっていることに気づかされ、気づいた後は、その理に沿って生きれば、より活き活きと元気に輝く自分で生きられるということを教えてもらえます。それは、同時に、複雑に考えていたものを、シンプルな理に戻していくことにも繋がります。もちろん、この本だけで読んでも力になりますが、偶然同じ書名の『宇宙のカケラ〜物理学者、般若心経を語る』も一緒に読むと効果倍増です♪ピンときた方には、2冊セットで読まれることをおすすめします!<目次より>○第1章「間にある人」・人に働くチカラには法則がある・人間とは宇宙のちょうど中間に存在するもの・座標が違う人と無理して付き合う必要はない・共鳴と共振が願いを現実化する○第2章「選択と意味」・モノ・コトは響き続ける・捨てることでいまが充実する・コトの総量は同じ・意味付けのイミ他○第3章「成功の方程式」・こころが揺らぐのは、当たり前・不確定性は世のことわり・拠り所は目に見えないもの・成功は強みと時間の関数 他○第4章「幸せな人生へ」・変化に目を向け、受け入れる・7:3のバランス・人は星のかけら・非線形の時代を生きる他

カートに入れる:

  • モデル: 4864107204


読書普及協会