人間百種百人百癖---大正時代の大ベストセラー [4336062147] :
読書のすすめ    カートを見る      

人間百種百人百癖---大正時代の大ベストセラー

1,944円

堀内新泉◆「癖のない人間はいない、癖に手足がついたのが人間だ」。本書は、人間を100種に分類。現在では見かけにくくなった職業的人間にはじまり、「口先で物を言う人」「責任を避ける人」「むやみに事を引き受ける人」「知らずに知ったふりをする人」「とかく口数の多い人」「むやみやたらに笑う人」「金持ちの真似をしたがる人」「むやみに事を気にする人」「調子に乗って物を言う人」など、今でもまわりを見渡せば「これはあの人だ」と納得できるものも多い。昔の人びとも現代人と同じように滑稽で、同じような悲哀をかかえていた。それを見つめる著者の目にはユーモアが光っている。自己啓発本の先駆けとなった大正時代の大ベストセラーを新字・新仮名で復刊。『著者について---東京英語学校(のちに東京大学予備門、旧制一高)を中退、幸田露伴門人となる。一時、新聞記者として働き、少年向き立志伝を多数執筆。露伴はアイヌをテーマとする小説『雪紛々』を執筆していたが、第十四回までで中絶、第十五回から第六十八回までを新泉が執筆し完成させた。新泉は、ベストセラーとなった『人間百種百人百癖』に続いて、処世ガイドブック、人間関係本の先駆けとなる本を多く出している。』

カートに入れる:

  • モデル: 4336062147


人情横丁