【超貴重な本物名著】気学集成 全4巻〜陰陽学の集大成! [4885944369] :
読書のすすめ    カートを見る      

【超貴重な本物名著】気学集成 全4巻〜陰陽学の集大成!

20,520円

波里光徳編【※一般書店に売ってません。ご予約のみ受付します。→かつては、古書店で10万円以上で販売されていたという、気学の初歩から応用の1から10まで親切丁寧に、<補習・復習>のページ付で解説された幻の名著の復刻版!2010年に出版された本なので、在庫も少なくなっている可能性大!気になる方は、お早めにご注文ください。<全4巻内容>『気学集成』上巻(干支九星学基礎知識編)、下巻(方位学編、家相学編、地相学編)、『気学集成 別冊』、『気学読本』←この『気学読本』がイチから学ぶ方にとって、これ以上分かりすいものはないという程親切な入門書で必見!】◆最近、初めての「気学」の入門書として、星まわりを「リズム・波長」として捉え、そのリズム・波長への順応法を解説した、『気学(命象学)入門』が予想を超えて大人気だったのですが、『気学(命象学)入門』を読まれただけでは、「気学」というものがイマイチよく分からなかった方も多いと思います。「気学」は、九星気学とも言われ、その根源は、今読書のすすめで大人気の『易経』が由来になっている学問なので、『易経』を学んでいる方にも、より具体的に、ご自分がどのような星回りで、どういう性質を持っていて、いわゆる「吉方」や「凶方」がどの方向なのか?を理解するために、「気学」は、『易経』とも相性はピッタリの学問です!そこで、「気学」の入門書として是非おすすめしたいのが、こちらの『気学集成全4巻』(※と、できれば、同じく波里光徳編『気学問答集全4巻』です。)この本を読めば、人の性格と運勢、夫婦・男女・主従の合い性、各星の運の消長などを研究する十干・十二支・九星の学の基礎知識、方位を主として研究する方位学、家相を主として研究する家相学、地相を研究する地相学という、犁こ悗料澗劉瓩鬚靴辰り学ぶことができます!著者の波里光徳氏は、医学博士の方で、バリバリの科学的思考の方だったのですが、実際に「気学」の理論を実践し、その通りの結果が次々と出てきたので、ある先生に師事し数年講義を受け、独学で100冊以上の気学の名著を読み込み、その中の大切な「核心」の部分をまとめ、「気学を新しくこれから学ぶ方向け」そして、「少し気学を学んだ方へ向けて」の、気学を1から10まで親切丁寧に解説した、知る人ぞ知る本物名著が、こちらの『気学集成』です。しかも、「気学」の秘伝も散りばめられていて、「独学で「気学」を学びたければ、『気学集成』全4巻と、姉妹編の『気学問答集』全4巻を読むことが一番良い!」と噂される程、実は「気学」を学ぼうとされる方にとって、この本は凄い本なのです。(※初心者の方は、「この本を少なくとも5回は繰り返し読むつもりで始めてほしいい。―中略−最初に理解できない場所も、2回、3回と読む中に、必ず理解されるようになるであろう。」と前書きに書かれています。)☆『易』と『気学』の違いについて☆「今日、世間で行われている『易学』は、所謂周易で、それは八卦を二つ重ねて、即ち六本の算木を駆使して行う占術であるが、「気学」は、算木三本から成る八卦そのものを、九星(一白彗星・二黒土星・三碧木星・四緑木星・五黄土星・六白金星・七赤金星・八白土星・九紫火星と、十二支と十干等に配当して、過去は言うまでもなく、現在より更に未来にまで及ぶ百般の吉凶を判断し、小さくは人間世界における各人の未来の運命を予測し、又大きくは天災地変を予断して、福を招き、禍を遠ざける、唯一の貴重な学問、換言すれば素晴らしい運命開拓術であると結論づけることの出来る学問である。「気学」を活用することによって顕現して来る事象は、『気学』を知らないものには迷信か偶発事とのみしか受け取れないであろうと思う。我々の棲む三次元の世界よりも一段も二段も次元の高い世界に視野を向けないと理解出来ないことが多いからである。筆者も、また決然と「『気学』なる学問は少なくとも四次元の科学である)と断言するものである。」―「孔子が「天に順う者は栄え、天に逆う者は滅ぶ」と教えた。その天とは何を意味するか?それは、宇宙の法則である。天の太極をなすものは太陽である。太陽と我々人間の棲む地球との間には大気が充ち満ちている。孔子は、この大気を「浩然の気」と称した。この「浩然の気」とは木火土金水という五気の漲った大気をいう。従って、宇宙の法則とは、宇宙に漲った五気の法則のことで、それを昔から五行と称して来た。この五行の法則に従って自分の運命を開拓しようと努力するものは幸運に恵まれ、これに逆う者は生命も財産も壊滅してしまうと孔子は諭したのである。人は誰でも、この世に生を享けると、その生まれ出た瞬間の年・月(・日・時)の十干・十二支・九星の支配を受けるものである。そして、それがその人の一生涯の符牒(ふちょう)との関係において、日常の行動の一切が人生行路上の吉凶禍福になって現われて来るのである。昔から「果報は寝て待て」とか、「待てば海路の日和あり」などという悠長な諺もあるが、ただ手を拱いて待っているだけでは幸運は掴めない。自分で自分の運命を開拓して行かなくてはならない。しかし、開拓するといっても無知無策であっては容易に目的を達することはできない。天に逆う道を回避し、天に順う道を収得することを教え導くものが『気学』である。」『気学読本』「気学とは何か」より

カートに入れる:

  • モデル: 4885944369


人情横丁