いのちの窓〜昭和23年の幻の名著復刻版! [4862490513] :
読書のすすめ    カートを見る      

いのちの窓〜昭和23年の幻の名著復刻版!

1,836円

河井寛次郎著◆日本の民芸運動の草分けの一人、陶磁・書画・木彫など多彩で精力的、しかも他の追随を許さぬ優れた作品宇宙を築いた河井寛次郎氏。その作品と同じように個性的な河井の言葉や文章を集めた書。 わずか、64ページの本ながら、その言葉は全て「本質」に迫る詩のような言葉とその解説、「前篇 火の願ひ」「後篇 いのちの窓」「自解」の3編です。分かる、分からないよりも、言葉を犂兇犬覘瓠↓猖楴銑瓩魎兇犬襪燭瓩法△すすめしたい、昭和23年に発売になって、ずっと絶版だった幻の名著の復刻版です。―「 葉っぱが虫に喰われ、虫が葉っぱを喰っているにもかかわらず、虫は葉っぱに養われ、葉っぱは虫を養っている。喰う喰われるといういたましい現実が、そのままの姿で養い養われるという現実とくっついているというのは、そもそもこれは何とした事なのでありましょう。この間中から、もやもやしていた、これでいいのだ、これで結構調和しているのだというような、しかしつきつめると何でそうなのだかわからなかった事が、ここで答えを得たのであります。虫と葉っぱは明らかに、かく答えたのであります。不安のままで平安――そうなのか、そうだったのか。この世このまま大調和」『柳宗悦・河井寛次郎・濱田庄司の民芸なくらし』にも収録の河井寛次郎の言葉より−この大調和の気づきの後に書かれた、魂の書!

カートに入れる:

  • モデル: 4862490513


この商品をお求めの客様はこんな商品もお求めです。


読書普及協会