【タテ糸の本物名著】危地突破の経営 [4891014100] :
読書のすすめ    カートを見る      

【タテ糸の本物名著】危地突破の経営

10,584円

井原隆一著【今、時代は変化の時!逆のものさし講にて、以前から、清水店長より「一人庶民革命」の必要性を講義してきましたが、この本は、経営者の方はもちろんのこと、経営者以外の方も、「自分自身の人生の良き経営者」になるための必読書&東洋哲学をお仕事や人間関係に牾茲す畆汰例に満ちた、タテ糸の本物名著本です。是非お見逃しなく!】◆2003年に出版されて、10年間絶版になっていた本物名著が奇跡の復活!経営者向けのビジネス書かと思いきや、読んでみると、中国古典を中心とした東洋思想を読み込み、仕事や人間関係に活かして大活躍された、著者の実践的な哲学や知恵が満載で、清水店長も驚きの決定版。それもそのはず、著者の井原氏は14歳で現りそな銀行に入行後、独学で10年刻みに法律・経済・経営・宗教・歴史を修め、その知恵を活かし、倒産寸前の会社を次々に蘇らせた、本物の人物なのです。中国古典や、東洋思想の解説書は数多あれど、「ここまで仕事や人間関係に牾茲せる畄舛如東洋思想の言葉と実践例を書いた本は見たことがない!」ということで、経営者の皆さま、サラリーマンの方や、教師の方々など、自分の人生を会社に例えれば、皆さんが自分の人生の社長であり、主人公であるという視点から、広くおすすめさせていただきます!こちらの『危地突破の経営』は、実際に倒産寸前の会社を蘇らせた実践例や、ピンチをチャンスに変えた、東洋哲学の言葉と、その活かし方を存分に語った犲汰の書瓩任后→「私はソロバンとカネ勘定きり能のない一介の銀行屋でしかない。その私が、危地に陥った複数の中堅企業の再建に成功したと言ったら、そこに何か秘法でもあったのかと思われるかもしれない。しかしこれには種も仕掛けもない。私の青年時代に失意貧困のどん底から脱出した体験と、多くの先賢の知恵を、今に活かしただけのことでしかないのである。かつて私が親譲りの莫大な借金を抱えて途方に暮れていたときに、「借金なんかで悩むことはない、あんなものは返せばいいんですよ」と、いとも簡単に片づけられたことがあった。理屈はまさにその通り、反論の余地はない。頼る人もなく、自ら可能を信じて厳しさに挑戦するしかなかった。そして馬鹿のひとつ覚えのように、借金返済に全知全能を集中したところ、「雨垂れ石を穿つ」のたとえ通りに、わずかな返済を重ねていくうちに借金の大山も崩れだしたのである。もし借金返済の困難を先にして、可能を後にしていたならば、完済は到底不可能になっていたであろう。だいたい企業経営の行き詰まりのいちばんの原因は借金過多にある。巨額の借金で危地に追い込まれた会社に入社したときに、「返済にまわす原資は皆無」と言われ、「全社員の頭脳の貯蓄がある」と反駁したことがある。「貧すれば鈍する」を地でいっていたのでは救いがない、「貧すれば知恵が出る」でなければならないと。私には「未曾有」とか「今世紀最悪」といわれるような大きな不況に、過去何度か直面してきた厳しい経験がある。しかし幸いにも先賢の知恵が強い支えとなって、危地のことごとくを突破することができた。三千年ものむかしから風雪に耐えて伝えられてきた先哲の英知は、危地にあってさらに光を放ち、時代を超えて私に突破の知恵と勇気を与えてくれたからである。本書は、私の血肉となった数々の先賢の知恵と、企業活動におけるその応用体験を隠さずに綴ったものである。題して「危地突破の経営」とした。」まえがきより <目次より>・第一章 危地に臨むトップの心構え・第二章 志気を奮い立たす・第三章 部下に希望の火を灯せ・第四章 賞罰と志気・第五章 全社統率の決め手・第六章 危地突破は準備にあり・第七章 トップの自己形成・第八章 他山の石

カートに入れる:

  • モデル: 4891014100


人情横丁