気学(命象学)入門〜『勘入門』著者がペンネームで書いた隠れた名著 :
読書のすすめ    カートを見る      

気学(命象学)入門〜『勘入門』著者がペンネームで書いた隠れた名著

2,052円

十一條龍樹著◆当店大人気!『犂疇門』の著者、福島秀雄氏が、名前を変えてペンネームで出版していた、隠れた名著の復刻版。『犂疇門』と同じく、読みやすく、そして、新たな気づきが満載♪この『気学(命象学)入門』は、九星気学とも言われるように、星まわりを「リズム・波長」として捉え、リズム・波長への順応法を解説した「波動気学」のエッセンスがこの一冊に!◎しかも、この本は、数々の易占書のネタ・そして、プロの専門家のネタも書かれているそうで、専門家の方も「この本を出しちゃったんだ!」と驚きを隠せなかったそうで、リズム・波長を味方にするための牾豊瓩箸覆詒觸僂筺△修離灰弔網羅されている決定版!しかも、「気学」のことを全く分からない方向けに書かれているので、『犂疇門』を読まれた方や、「易経」にご興味がある方、タテ糸の読書を実践中の方も必読の1冊!―「後天的に運命を打開できる運命学として気学が存在し、易占の双峰とも言うべきものだが、ここで、ずっと前に書いた犁こ悗詫てる者のリズム順応を益々快調にし、また、一方有たざる者のリズム悪循環を切り替える秘術である瓩箸いΔ箸海蹐鮠髪して欲しい。ここでは、そのリズム・波長の重なり合いが、判断のポイントとして欠くことのできぬものなのだということを憶えておかれればよろしい。―中略―即ち、その人間の先天的な性格、運命は、先に書いた四柱推命学が最も詳しく、その微細を示すのであるが、そこまでいくとこの入門書の埒外となるわけで、ここでは性格・運勢についての基本的なもの、原理的なものにとどめることになる。とはいえ、別言すれば、基本原理さえ呑み込んで置けば、その詳細をたぐり寄せることは実は何でもないことなのだ。さて、そのコツであるが、このコツについては以降、ゴシック体で『挿入事項』としてその都度記すことにしよう。」第3章 秘法の扉を開けようより 「方位学のネタ・相性判断のネタ・九星占星術のネタ……その他 厄年とは・八方塞がりとは・鬼門・裏鬼門とは 十二支とは・大吉・中吉とは…….神秘の易占学の原理・原則を学べるように作られた、知る人ぞ知る入門書!<目次より>○第1章 易占学のエッセンス――この一冊で専門家になれる  ・大マチガイ! 十二支の俗信  ・子年はネズミではない  ・子年のほんとうの意味  ・ウマが合うとは  ・子年生れの人の性格  ・ウシ年はヒモである!  ・トラ年生れの人は優雅である!  ・ウサギ年はメランコリックである!  ・気学――この驚異的な秘術!  ・あなたはこの入門書で20万円儲かる! ○第2章 気学ノート――神秘的なグラフィック・レコード  ・月盤表  ・後天定位盤  ・46年年盤  ・干支九星表  ・二十四節気表  ・時刻表  ・相生理 相剋理  ・線路  ・各人の相生および相剋  ・同会法(一白水性〜九紫火性) ○第3章 秘法の扉を開けよう――奇跡から定跡へ・気学ノートの分析と解明  ・悪循環を切り換える秘術  ・魔法の杖は単純明快  ・リズム・波長としてとらえる  ・コラージュと衝撃─吉とは何か凶とは何か  ・ウマが合う・ソリが合わない─波長の衝撃  ・生気・和気・退気・殺気・死気  ・対人関係をうまくやるコツ  ・観察力をはたらかす  リズムのひびき  ・独特の時刻表─映画・時代小説・テレビの鑑賞にも  ・リズム・ブロックと気学的人生論  ・月盤表―この活用が鍵だ  ・リズムの出発点―後天定位盤  ・年盤の見方とその展開  ・厄年  ・これを知らないと幹を倒し枝を折る  ・聖書の詩篇とトルストイ  ・八方塞がり・同会・被同会について ○第4章 灯りのついた密室─リズムの微笑を  ・一白水性のすべて  ・二黒土性のすべて  ・三碧土性のすべて  ・四緑木性のすべて  ・五黄土性のすべて  ・六白金性のすべて  ・七赤金性のすべて  ・八白土性のすべて  ・九紫火性のすべて

カートに入れる:



人情横丁