唯幻論始末記---わたしはなぜ唯幻論を唱えたのか [4900963818] :
読書のすすめ    カートを見る      

唯幻論始末記---わたしはなぜ唯幻論を唱えたのか

1,944円

岸田秀著◆1977年に『ものぐさ精神分析』として出版されて以来、 熱狂的な支持と一部の反対・批判にもさらされてきた「唯幻論」。 著者の岸田秀は本書の「あとがき」でこう書きました。 「いつ死んでもおかしくない歳になったし、記憶力や判断力が衰えてきたようなので、 もう次の新しい本を書くことはないであろうという気がするから、 ここで、わたしがどういうわけで、どういう道筋を通って唯幻論という説を思いついたかを説明し、 唯幻論への批判に対してこれまで書いた反批判・反駁をまた改めてまとめて提示することにした」 著者の生い立ちから、子供時代の体験、そして学生時代のくも膜下出血。 家業の映画館を継いでほしい、という母親からの過度な期待と、 それにともなって現れたさまざまな強迫観念。 著者の人生行路と、唯幻論の理論的背景は密接につながっていました。 「なぜセックスしない男女関係こそ〈清らか〉と考えていたのか」 「なぜ日本兵の死体の写真を見ると、ひどいショックを受けるのか」 著者のあくまで個人的な疑問点から構築されたのが 「性的唯幻論」であり「史的唯幻論」だったのです。 著者が「人生最後の本」として唯幻論の一部始終を書き下ろしで総括した本。

カートに入れる:

  • モデル: 4900963818


読書普及協会