近世快人伝〜肚の防腐剤になるタテ糸名著! [4168130465] :
読書のすすめ    カートを見る      

近世快人伝〜肚の防腐剤になるタテ糸名著!

1,058円

夢野久作著◆『百魔』『俗戦国策』などの著者、杉山茂丸の息子さんである、夢野久作氏が、頭山満氏、父の杉山茂丸氏、奈良原至氏など、明治の肚の据わった人物を、実際に見たり、聞いたりして書いた本なので、十分に肚の猖鰭綺洵瓩砲覆襯織道緻消本!「生命知らずの大バカ者、国士からテロリストまで玄洋社の破天荒な男たち。「頭山が遣るというなら俺も遣ろう。奈良原が死ぬというなら俺も死のう。要らぬ生命ならイクラでも在る」といった気持ち一つで、「ただ何となしに気が合うて、死生を共にしようというだけでそこに生命しらずの連中」が、黙って集まってできた玄洋社の頭山満、杉山茂丸、奈良原到、そして博多の魚屋の大将、篠崎仁三郎といった「若い人達のお手本になりそうにない、処世の参考になんか絶対になりっこない奇人快人」ばかりを集め、その破天荒な人生を、夢野久作ならではのユーモア溢れる筆致で面白おかしく描き上げた痛快な人物評伝で、全編、むちゃくちゃな話ばかり!」→「今、変化の時代だから、逆のものさし講の皆さんにお伝えしている『近世快人伝』に出てくる話なんですけど、玄洋社の奈良原到氏が、先輩の殺される瞬間に、若い連中に聞こえるように、刑務所の中で「行くぞ――!」と大声を出して、それを若者達が聞いていて。その声を聞いた若者の一人の奈良原到氏が、ずっと死ぬまで、「行くぞ―!」という言葉が、琅譴遼鰭綺洵瓩砲覆辰燭箸いΔ海箸鮓世辰討い董それは、本当にそうだと。自分が少しでも損したくないとか、本心は嫌なんだけど、食うためにやらなきゃいけないとか思うと、誠とか真理から離れることを、人生で決断してしまいたい時があるじゃない?そういうことをやっていると、肚が腐ってくるんだよ。結局、頭ばかりになってしまって、程度の低い判断基準を選択しなくてはならない。そうならないために、琅譴遼鰭綺洵甅狄瓦腐ることの防腐剤瓩砲覆襪茲Δ文斥佞箸先人の生き方とか、そういうものを1つ持っておかないと、変化する時に、現世利益でフラフラしてしまって、流れていってしまう。その防腐剤として、おすすめなのが、『明治の光 内村艦三』、『近世快人伝』、『禅に学ぶ明るい人生』ですね。」<「たまご会員」様向けの動画より 清水店長の言葉>―

カートに入れる:

  • モデル: 4168130465


読書普及協会