禅に学ぶ明るい人生---肚の防腐剤 [4336063441] :
読書のすすめ    カートを見る      

禅に学ぶ明るい人生---肚の防腐剤

3,024円

名著の名が高い昭和8年に出版された本ですが、今年になって目出度く改訂版として復活されました。まずは、著者についてご紹介いたしましょう。『釈宗演 (シャクソウエン) 洪岳宗演。明治大正期の臨済宗の僧。1860年、若狭国生まれ。慶応義塾卒。禅をZENとして欧米に伝えた僧侶として知られる。1893(明治26)年のシカゴ万国宗教会議に参加。このとき通訳として同行した鈴木大拙が、後に禅を欧米に広めた。また夏目漱石、徳富蘇峰などにも影響を与えた。著書多数。1919年没。 内容紹介「現世は四苦八苦の世界」。世の中は思い通りにならないもの。ふだん、神仏をひとごとのように思っている人も、人生の一大事にあうと、とつぜん神仏に祈願し、神仏の力にすがろうとする。世間の多くは、仏を人とはかけ離れたものと考え、極楽は実社会と断絶したものであるもののように感じているが、これはまちがいで、私たちの「手が舞い、足が踏むところ」が、そのまま極楽である。禅をはじめて海外に伝えた禅僧によるわかりやすい禅の手引き。(『人生明るい世渡り』(成光館、1933年)を改題)』 以前にもこの著者の本はご紹介してきましたが、ドクスメスタッフにとっても大いに喜びの復活です。下記に本文から一部ご紹介いたしましょう。 『世人は、死をもって、人生の一大苦痛としている。しかしながら、生死は、ちょうど、昼夜のようなものです。昼は活動するときであって、夜は寝るときです。毎日、業務に励精しているところは、すなわち生の活動であって、毎夜睡眠につくのはすなわち人生の死滅です。生は舞台に上がったときで、死は楽屋に休んでいるときです。別に生として楽しむべきところもなければ、死として悲しむべきところもないのです。まさしく、夜々の安眠は明日の活力を蓄養するもので、人生の死は、またさらなる偉大な生命を永遠とする、刹那の安息ではないでしょうか。 この宇宙が、時間的空間的において無限であるように、我々もまた無限なるものです。この信念あって、はじめて、生命の価値、人生の意義は生じるのです。自己を欺く心行は、我々が要求してやまない無限の大生命を実現するのに、最も障害となるものです。 誰もが悪夢のために、夜中、熟睡できなかったときには、明日の法力に大きな障害をきたすに違いありません。我々の心行がふだんにおいて邪悪のために妄動していたならば、また、けっして、安楽にして偉大な生命を実現することはできないのです。自心を欺かず、誠の心を持ち、かたい宗教的信仰に生きている人であって、はじめて、無上の大安楽は得られるのです。』 最近は、「肚が腐らないように防腐剤となる言葉を持とう!」と逆モノ講で言っています。 今の世の中に意識なく過ごしていると、 気づかないうちにエゴの空気を吸い込み、 下位の判断基準をもって行動してしまいます。 そしてまた、肚がじわじわと腐っていく。。。 世の中の確かな真理は、悉く逆側にあると、 近頃しみじみシジミ汁です。(笑って下さい)

カートに入れる:

  • モデル: 4336063441


人情横丁