【真の5%の本】無理の構造〜この世の理不尽を可視化する [4907623104] :
読書のすすめ    カートを見る      

【真の5%の本】無理の構造〜この世の理不尽を可視化する

1,944円

細谷功著◆2年前に真の5%の本としてご紹介させていただいた、細谷功著『アリさんとキリギリス』に続く、待望の真の5%の人になる名著本として、『具体と抽象』、『無理の構造』、『自己矛盾劇場』の3冊が同時入荷しました!様々な角度から、「逆のものさし思考」を深めることができるので、もちろん3冊セットで読むことを強くおすすめします。→こちらの、『無理の構造』のキーメッセージは、「理不尽なのは〈世の中〉ではなく、私たちの〈頭の中〉である」ということ。努力が報われず、抵抗が無駄に終わるのはなぜなのか?前作、『具体と抽象』をさらに深く進み、「世の中」と「頭の中」の関係を明らかにし、閉塞感や苛立ちの原因に迫る第2弾!実は、私達は、暗黙のうちに、身の回りにあるものを、実際に非対称であるのに、対称であるとしてしまう、「根本的な勘違い」を生み出しているというんです。これが、無駄な努力を解決するヒントになるのですが、この「非対称性」をキーワードに、「1:9のねじれの法則」、のこぎりの法則、折り曲げの法則を始め、「公平」「対等」「経験則」などの幻想などに気づかせ、「思考のコペルニクス転回」が起きる法則が満載です!抵抗が無駄に終わる原因の一つは「自然な流れや法則に逆らっていること」という言葉にドキッ!とした方は、すぐに読みましょう!(笑)方法やテクニックではなく、見方を変えることで問題解決へのヒントを掴むためのとっておきです!

カートに入れる:

  • モデル: 4907623104


人情横丁