「超」入門 空気の研究 日本人の思考と行動を支配する見えない圧力 [4478102206] :
読書のすすめ    カートを見る      

「超」入門 空気の研究 日本人の思考と行動を支配する見えない圧力

1,620円

鈴木博毅著◆今も昔も変わらない、日本人を縛る妖怪の正体を暴いた 累計30万部の名著『「空気」の研究』(山本七平・著)を 27のポイント、7つの視点からダイジェストで読む。 佐藤優氏推薦!! 「日本型組織の病理がわかる。組織で巧みに生き残るための必読書」 なぜ、日本の組織は息苦しいのか? 忖度、パワハラ、同調圧力、いじめ、ネット炎上、無責任主義…… 会社から学校、家族、地域コミュニティ、ネットまで、 日本社会が抱える問題の根源には「空気」という妖怪が存在する。 それは明治維新、太平洋戦争、戦後の経済成長にも大きく作用し、 今日もまったく変わらず日本人を支配する「見えない圧力」である。 窮屈な人間関係、同調圧力、相互監視、パワハラ・セクハラなど、 今日、私たちが感じる生きづらさとは何なのか? 日本のあらゆる集団に巣食う「日本病」の正体 今日、繰り返し起こる企業の不祥事、組織内でのパワハラ・セクハラ、 過労死やブラック企業、ネット上での個人攻撃などは、 戦時中に旧日本軍が陥った組織的病魔と同じ病根を持つ。 かつて、撃沈されるのがわかっていながら特攻した戦艦大和。 その出撃は、「空気」で決められた。 空気の前では、科学や論理、統計、分析も、すべて無駄となるのだ。 ・なぜ日本は同調圧力が強いのか? ・日本人は組織になるとなぜ攻撃的になるのか? ・なぜ一大事の意思決定でも責任者がいないのか? ・なぜ日本の会議はダブルスタンダードなのか? ・なぜ日本の「科学的」にはウソが含まれているのか? ・なぜ日本人は「常識」に縛られるのか? 今も昔も変わらない、日本人の精神性を読み解いた 山本七平の不朽の名著『「空気」の研究』を、 15万部のベストセラー『「超」入門 失敗の本質』の著者が 27のポイントからわかりやすく解説する超・入門書。 日本人を知るための、もう一つの『失敗の本質』 日本的組織の病理を描いた2冊の名著『失敗の本質』と『「空気」の研究』。 かつて小池百合子都知事が、築地市場の豊洲移転問題の記者会見で言及して 話題となったこの2冊ほど、今日の社会問題を読み解ける恰好の教科書はない。 その内容は古びるどころか、今の日本人、日本的組織の問題の本質を 驚くほど的確に言い当てている。 本書は、日本人を縛る「何かの力」を読み解きながら、 日本的組織の再生と、個人が思考の自由をつかむためのヒントを紹介する。

カートに入れる:

  • モデル: 4478102206


読書普及協会