【執行草舟氏おすすめ!】青空の下で読むニーチェ [4585210511] :
読書のすすめ    カートを見る      

【執行草舟氏おすすめ!】青空の下で読むニーチェ

972円

宮崎正弘著◆当店大人気!この度、臨済宗円覚寺派管長 横田南嶺氏との最新対談本『風の彼方へ』を発売される執行草舟氏が、今!おすすめの1冊が、こちらの評論家宮崎正弘氏著の『青空の下で読むニーチェ』です。「難解なニーチェの思想を分かりやすく書いてあり、ニーチェの入門書としてとても面白い!と、執行氏大絶賛!しかも、執行草舟氏の紹介や、三島由紀夫、ウナムーノ、そして、武士道とニーチェ思想の関連性など沢山出ています。執行氏の著作をよく読まれている方は是非お見逃しなく!!→「思想の曠野を駆け抜けた哲学者がいた。ニーチェは朗らかに読む哲学、思想である。陰鬱で暗い書斎から飛び出して明るい青空の下で読むのがニーチェ思想の理解にもっともふさわしい。ニーチェの「神は死んだ」という意味を分かりやすく、しかも大胆に解釈すると「世の中すべて嘘っぱち」という示唆である。―中略―ニーチェは憂鬱な日常を突破して、人生を積極的に生きよと主張した。だから、明るい思想というべきなのである。しかし、ニーチェの生涯は栄光から孤独、熱情と発狂という波乱に富んで休息の時間もなく、机の上の発想ではなくすべてが生きる実践から生まれた思惟の集積なのである。」プロローグより 虚無と誤読されて読まれてきたニーチェは本当は何を伝えたかったのか?この本の中に!<目次より>・プロローグ 「ニヒリズム」を「虚無主義」と翻訳したのは誤まりだ・第一章 人生に戦闘的に取り組むことがニーチェ主義だ・第二章 ニーチェ思想の体系・第三章 三島由紀夫とニーチェ・第四章 ニーチェと西部邁・第五章 武士道こそニヒリズムの極致だ・第六章 磊落さ、楽天主義・エピローグ 人間は誰でも死ぬのである

カートに入れる:

  • モデル: 4585210511


人情横丁