【本物名著!】懺悔の生活〜大正10年から読み継がれる復刻版! [4393206294] :
読書のすすめ    カートを見る      

【本物名著!】懺悔の生活〜大正10年から読み継がれる復刻版!

2,700円

西田天香著◆11月のおすすめの1冊『許されて生きる〜西田天香と一燈園の同人が下坐に生きた軌跡』の中で紹介され、著者の神渡良平氏の人生観を変えた、西田天香氏が書いた魂の1冊!しかも、大正10年の発売より1年で120版を数える程、当時の人々の心を救った名著が、約100年ぶりの復刊!物をより多く持つ生き方とは、狄慎姚瓩亮里討得犬る生き方の極意がこの中にあります。今こそ読みたいタテ糸の本物名著です。→「強い者が弱い者を食い、弱い者が更に弱い物を食い、更に弱い者を見出せない者は、強い者のお情けによって生きるかのように見える世界や社会の中に生きていて、自分は人を食って生きたくはないと悩み苦しんだ末、トルストイの「本当に生きようとするなら死ね」の言葉に触れて死を決意し、一切を捨てます。断食を続けていて四日目の朝、遠くで聞こえていた赤ちゃんの泣き声が止んだことで、乳を飲む赤ちゃん、与える母親とその母乳の関係から、赤ちゃんは争いの種を持たない平和な食物に依って生かされ、更に母乳は赤ちゃんが生まれなければ、母乳の乳房に生じないことを覚知します。よし赤ちゃんのように生きよう、生死は大いなるものに委ね、自分は全く無邪気に徹することによって壊れぬ世界に生きようと決意します。こうして、無一物で道端から歩みだした生活が始まったのです。―中略―西田天香の歩み出した一燈園生活は、争いのない生活、懺悔の生活、あるいは、下座、奉仕の生活等と評されるのですが、天香さんは、「自然にかなった生活をすれば、人は争い合わなくても、また働きを金に変えなくても許されて生かされる。」といっています。『新版刊行にあたって』より このトルストイの言葉である、「生きようとするなら死ね」の犹爐有瓩箸蓮↓猝駄僂ら離れよ瓩箸いΔ海箸如⊆造倭澗里自分なんだ!と天香さんは気づかれます。力むような気持ちが無くなり、安らかで広い世界に飛び出したような心地で、牴れない自分瓩鯑世董↓牘弊犬亮太こΝ瓩亡圓辰燭茲Δ亡兇検何かが動き始めました。天香さんが得たのは、「無一物中、無尽蔵 花有り月有り楼台あり」という核心。すべてを手放しても、そこには、花も咲き、月も冴えていて、高殿さえある。人生は苦行ですが、逆にそれが肥やしになって、私たちを大きく、深く、豊かにしてくれます。何もない無ではなく、有でもあるという達観した世界観です。・・・と、西田天香氏の評伝『許されて生きる』に書かれていますが、まさにこの「無が有でもある。」という逆のものさし的生き方・考え方のを、西田天香が書いた決定版です。物を持つという考え方から、物を持たない、物の捨てて生きるという逆な視点から見ると、忘れかけていた「生き方の本質」がハッキリ見えてきますよ!こちらは、西田天香氏著の名著ですが、西田氏と同人という共に生きた仲間達の生き様を記した評伝『許されて生きる』も一緒に読むと効果倍増です。気になる方は、是非一緒にお読みくださいね。※よろしければ、評伝『許されて生きる』→『懺悔の生活』の順に読むことをおすすめします♪

カートに入れる:

  • モデル: 4393206294


読書普及協会