【先行発売!】許されて生きる〜西田天香と一燈園の同人が下坐に生き [4331522035] :
読書のすすめ    カートを見る      

【先行発売!】許されて生きる〜西田天香と一燈園の同人が下坐に生き

1,836円

神渡良平著【11月14日頃先行発売決定!※一般書店の発売は11月23日頃】◎イエローハット創業者の鍵山秀三郎氏も、「下座に生きることほど、人間関係を確かにするものはありません。」と大絶賛!著者の神渡氏が、「私の人生はこの書を書くためにあった」と書かれるほどの集大成の1冊です。◆先日、とある出版社さんから、「読書のすすめ向き」ということで、1冊の本の発売前の原稿が突然届きました。書名は、『許されて生きる』副題に「西田天香と一燈園の同人が下坐に生きた軌跡」とあります。宗教家「西田天香氏」そして、「一燈園」という名前だけ知っているという程度でしたが、早速読ませていただき、大感動でした!「下座、無所有、奉仕の生活」という、西田天香氏の思想、そして、「同人」という、天香氏と一体となって共同生活を営んでいる人達の実践の真実の記録が書かれていました。まさに、現代の狄慎佞里發里気鍬疆生き方に驚きで、忘れかけていた生き方の猖楴銑瓩鮖廚そ个気擦討れました。生き方の爛灰撻襯縫ス的転換瓩起きる評伝です!→「神渡さんは、大学時代に西田天香の『懺悔の生活』(春秋社)を読まれて、このような生活があるのかと感動され、長らく評伝の構想を温めて来られたそうです。一燈園の生活とは、私の祖父・西田天香が明治37年の日露戦争開戦後に始めた、懺悔、下座、無所有、奉仕の生活です。一燈園では西田天香を天香さんと呼んでおりますが、天香さんは、すべて自分が悪い、と言われました。キリスト教は、自分を愛するように隣人を愛しなさい、と説きます。『論語』には、自分の欲せざることを人に施すなかれ、とあります。対して、一燈園では、自分が悪かったと言い、誰もが感じたことのある気持ちを常に自分の気持ちとして持ち続けることが、争いのない生活に向けた一歩になると考えています。天香さんは、これを犁されて生きる瓩班集修靴泙靴拭E傾瓩気鵑呂泙拭⊆分の至らないところを徹底的にお詫びし、すべてを捨て切る無所有の生活と共に、許されて自分に与えられたものを仮にお預かりし、世の中にそのご恩をお返ししていく活動、つまり、報恩の奉仕として世の中の経済活動に関わっていくことを、宣光社活動と呼びました。世の中の争いは詰まるところ、生きるため、食うため、から生じます。許されて生きるとは、食の求め方を吟味した上で、身を整え、生活を整え、経済を整えることであります。真の平和はそこから実現していくのではないでしょうか。一燈園は、天香さんのもとに集まった人々の修行や生活の場として生まれ、今日まで引き継がれてきました。天香さんの教えを受け、それまでの生活を捨てて一燈園の生活に入った人々を「同人(どうじん)」と言いますが、同人は一燈園に入る際、「死ねますか?」と尋ねられました。本書は、そのような天香さんと同人たちの物語です。」一燈園当番 西田多戈止 「天香さんが長浜の八幡神社境内にある愛染明王堂で、ある朝赤ん坊の泣き声と共に得た「お光の無限の愛」について得たインスピレーション(啓示)に比べて、私が内観で得た父母の愛について得た覚醒は、比すべくもないほどに小さいものですが、極めて似かよったものだったように思います。天香さんは、この宇宙は愛に満たされているのだと、宇宙の根本原理に目覚め、それにすべて委ねて生きようと、「許されて生きる」というコペルニクス的転換を果たされました。深いところで満たされていたから、自ら先にお詫びすることができたのです。天香さんが赤ん坊の泣き声が契機となって気づかれたものは絶大なものがあったと思いました。その後、私は天香さんのまねごとをして生きてきましたが、私の中にずっとあったのは、私の目から鱗を落としてくれた天香さんことを、人生の最後に書いてから死にたいという願いでした。」著者プロローグより ※こちらは、西田天香氏と同人の生き様の記録が書かれた評伝ですが、こちらの評伝と共に、西田天香氏著の『懺悔の生活』も一緒に読むと、さらに効果倍増です。さらに、第1章の「みなしごの卯一」から、心動かされてしまうんです!是非、お楽しみに!※よろしければ、評伝『許されて生きる』→『懺悔の生活』の順に読むことをおすすめします♪

カートに入れる:

  • モデル: 4331522035


人情横丁