【魂の脱植民地化】守農太神と呼ばれた男  小説安藤昌益 [4540142123] :
読書のすすめ    カートを見る      

【魂の脱植民地化】守農太神と呼ばれた男  小説安藤昌益

1,836円

伊澤芳子著◆安藤昌益という人物をご存知だろうか? この人も反骨の精神の持ち主だ。 江戸時代中期の医師・思想家・哲学家。秋田藩出身 。 詳しいことは安藤昌益資料館のHPから拝借しよう。 http://shoeki.org/%e5%ae%89%e8%97%a4%e6%98%8c%e7%9b%8a%e3%81%a8%e3%81%af/ 安藤昌益とは 世界初のエコロジスト 〜安藤昌益とは〜  江戸時代中期という封建時代まっただなかにあって、身分制度を否定し、富める者も貧しい者もいない平等な社会を説いた安藤昌益。かつて青森県八戸市に住み、町医者をしながら、他に類を見ない独創的な思想を生み出しました。その考え方は、「直耕(ちょっこう)」、「互性(ごせい)」など、独自の言葉で表されています。   また、自然と人間とが調和する社会を目指した昌益の思想は、現代にも通じ、世界初のエコロジストともいわれています。 八戸と昌益 〜町医者から社会を診る思想家へ〜  昌益の思想は、42歳頃から約15年間を過ごした八戸で誕生したといわれ、主著『自然真営道』101巻93冊も八戸で書かれたことが分かっています。  そのきっかけとして考えられるのが、飢饉の頻発です。この地方特有の冷たい東風(やませ)により、当時の八戸では凶作と飢饉が猛威をふるっていました。中でも大豆生産のため焼き畑を繰り返したことで猪の大発生を招き、多くの餓死者を出した通称「猪飢渇」いのししけがじ(「けがじ」=八戸弁で「飢饉」の意味)は、昌益に大きな衝撃を与えたと思われます。(※左写真:山寺の飢饉供養塔)  刊本『自然真営道』「大序」には、「非命にして死せる者のためにこれを記す」、つまり、不幸にして天寿をまっとうできなかった人たちのためにこの書物を書くのだ、と書かれています。  食物を生産する農民たちの多くが命を落とし、支配階級である武士たちには大きな被害がないという現実。この社会の矛盾を目の当たりにしたとき、昌益は、町人の身体を診る町医者から、社会全体を診る思想家へと変貌を遂げたのではないでしょうか。 社会批判と理想の世 〜新たな思想、八戸で誕生〜  八戸で書き上げたとされる主著『自然真営道』には、昌益の思想が体系的に記述され、「大序」巻、24巻「法世物語」、25巻「良演哲論」では、厳しい社会批判が展開されています。  昌益は、武士が支配する封建社会を「法の世(ほうのよ)」として批判し、貧富の差も支配関係もない平等な社会を「自然の世(しぜんのよ)」と名付け、理想の社会として掲げています。自ら生産労働をせず搾取することを、「不耕貪食(ふこうどんしょく)」と称して批判し、その対極にある、自然の循環の中で自ら正しく農耕を行う生活を「直耕」と名付け、このような労働の中にこそ、人の人たるゆえんがあるという主張をこめました。    江戸時代に幕藩体制や身分制度を明確に否定したのは唯一昌益思想のみであり、しかも、江戸から遠く離れた八戸でこの著作が誕生したことに、大きな意義があります。 彼、安藤昌益はこの世で悪人が二人いるというのです。 それは、お釈迦様と孔子であると。 お釈迦様は、お坊さんという何も創造性のない職業を作った。 そして、孔子は士農工商という身分を作った張本人であって、 その中の武士などという職も何も作らないし、威張ってばかりが能で、 しかも農家からのピンハネです。これもまた何も生み出さない創造的でない職種であると。 時代は江戸中期ですから、こんなことをいっちゃうと当然おとがめがあると 思いきや、とても腕のいい医者であったようで、武士たちが病にかかったときに ずいぶんと治してやったそうで、武士たちも見て見ぬふりをしていたそうです。 飢饉などが起きると、いつも苦しむのは農民です。 それをみると、昌益はその理不尽な社会に叫ばざるを得ないでいたのでしょう。 まさに反骨の人物です。 そんな安藤昌益の一生を物語として書かれた貴重な本が本書です。 現代に住む私たちの今の社会は、真に何ものかを生み出す仕事をしているだろうか? 本当に大切なことを置き去りにしていやしないだろうか? 安藤昌益の生き様を通して、私たち得る知恵はもしかしたら大いに役立つのだと 読んでいて感動した次第です。安藤昌益、かっこいい!!!

カートに入れる:

  • モデル: 4540142123


読書普及協会