周易試論〜原型と活用 易経中級のおすすめ! [4896191234] :
読書のすすめ    カートを見る      

周易試論〜原型と活用 易経中級のおすすめ!

2,592円

永淵三郎、永淵道彦、仙田美智子著◆易経の成立以来、周易は専ら卦形の言辞の解釈に終始してきた。これに対し、著者らは唯一卦形を重視し、その成立原型の解明を試みた。新発見の64卦配列修正表の紹介と、易の記号の「表裏の関係」「反転の関係」「交差の関係」について、その活用を説いた画期的な1冊!ある程度、「易経」の基本的な考え方を学んだ方への中級のおすすめ本!→「本来、「易書」においては、冒頭でも触れたように卦形と呼ばれる記号の部分こそが「周易」の根幹を成すものであって、その卦形に加えられた卦名、卦辞、爻辞、及び、十翼と称される諸伝(解説)は、すべてこの卦形についての解説の積み重ねである。―中略―では、根幹としての卦形とはどんな記号であろうか。―これは天下泰平を意味する泰卦の卦形であるが、殷末周初の動乱の時代を生きた無名の民間占筮家の心を今に、よく伝えていると言える。動乱を嫌って平和を念願する心は、われわれ現代人にも共通しているが、現行の「易書」の中からこのよう共感の世界を読み取ることこそが、現代人の「周易」活用の上で、有効かつ重要であると言えよう。その為には、まず多くのものを削り落として「周易」本来の姿、即ち卦形を重視して、その成立原型を発見することが先決である。そこで、本書では言辞の部分についてその解説に深入りすることを避け、極力、卦形に重きをおいたしだいである。」序より

カートに入れる:

  • モデル: 4896191234


人情横丁