新講 二宮尊徳夜話〜真の二宮尊徳の思想が掴める本! [4896190342] :
読書のすすめ    カートを見る      

新講 二宮尊徳夜話〜真の二宮尊徳の思想が掴める本!

1,404円

黒岩一郎著【少し難しいですが、原文に近い『二宮尊徳夜話』に挑戦したい方、タテ糸読書を実践中の皆さまに、特におすすめ!挑戦する価値は多いにあり!】◆渋沢栄一、安田善次郎、豊田佐吉、松下幸之助や土光敏夫らに多大なる影響を与え、尊徳の門人福住正兄が,師の身辺で暮らした数年間に書きとめた言行録であり、タテ糸の本物名著『二宮翁夜話』。分かりやすい現代語訳の本もいくつか出ているものの、さらに深く真正面から二宮尊徳の真の思想を掴むためには、より原文に近いものを・・・ということで、いつもお世話になっている東洋思想の名著を伝え続けてくださっている明徳出版社さんか出ている、こちらの『新講 二宮尊徳夜話』をおすすめします!※より原文に近いとはいえ、難しい漢字にはふりがなも付いていて、分かりにくい言葉や表現には、注釈が付いているので、読む気になれば、そして根気強く読めば、内容も分かってきて、段々読めるようにもなってくる、現在、タテ糸読書実践中の皆さまに、特におすすめしたい1冊です。―「古典籍の拠るべきものに拠らうとして大学中庸はもとより老子荀子や諸子百家の説、さては数多くの仏典籍や聖書西洋哲学書の類等々、一通りは渉猟して歩いたつもりであるけれど、現在の時点においては古今東西の如何なる先哲偉人の思索行実といへども、所詮は二宮尊徳翁のそれには及び得ぬものと考へてゐる。それほぢ、翁の思想は完全であり円満である。もっとも、抽象のみ事とする観念論者たちには、或ひは翁の思想は浅くも単純にもうつるかも知れないけれど、言ふならそれほど翁の思想は自然で無碍なのである。だからして、実際においては翁の思想ほど単純にして、真に深くして完璧なるものはない。」『新講 二宮尊徳夜話』序より

カートに入れる:

  • モデル: 4896190342


人情横丁