失敗図鑑---すごい人ほどダメだった! [4866510590] :
読書のすすめ    カートを見る      

失敗図鑑---すごい人ほどダメだった!

1,296円

大野正人著◆まったく、けしからん。 わしは失敗など 一度もしていない。 たしかに、ひとつの発明品を作るまでに わしはいくつもの失敗作を作っている。 しかし、これらは「失敗」ではない! わしは失敗するたびに 「うまくいかない方法」をひとつ 発明しているのじゃ! たとえ、1000回失敗してもそれは 「1000回うまくいかない方法を発明した」 だけのことじゃ! なに?結局、失敗しているだけじゃないか、だと? ああ、そうさ! だが、1000の失敗なしに1の大成功を 作ることはできんのじゃ! つまり、何が言いたいかわかるか? 失敗はしてもよい、いや むしろ失敗はするべきなのじゃ! 世の中には、失敗してくよくよする人もおるが それは、失敗になれていないだけじゃ。 わしは言いたい! みんなもっと失敗しなさい! どんどん、じゃんじゃん失敗しなさい! そして、考えるのじゃ。どうして失敗したかをな。 そうすることで失敗から成功につながる道が 少しずつ見えてくる。 さらに、人生にはぜったいに失敗してはいけないときがある。 たとえば命がかかっているときとかな。 そういうときに失敗しないためにも ふだんからたくさん失敗して失敗になれて おくことが大事なんじゃ。 というわけでこれから、わしのように 「世界に名を残したスゴイ人たち」 いわゆる「偉人」たちの失敗と その失敗から、かれらがどうやって 復活したかを紹介する。 これを読んで失敗がいかに人生にとって すばらしいものかを学んでくれ。 失敗はすばらしい!Viva失敗! この本を読んでみんながすばらしい 失敗人生を送ってくれることをわしは望んでおるぞ。 「発明王」あらため「失敗王」 とーます・えじそん      いや〜、気持ちいいほど面白い本でした。ヘタな道徳教育なんかするより、 だんぜんこの本を学校の教科書にすべきだ!と思います。 人間本来、冒険心を持っていたから、人間になったといわれています。 おサルさんや人間の祖先は、そもそも森の中に住んでいました。 おサルさんは、森の中にいれば敵から身を隠すことができて 安心だし、食糧も困らないので、森からは出ませんでした。しかし、 我々の祖先は、森の外はどうなっているのだろう?という冒険心を出して 森からでたのです。そのおかげで、敵に襲われたり、食べ物を探したりしなければ ならなかってのですが、生きていく技の多くを手に入れたのです。 この本に「失敗したら?」というアンケート結果が載っています。 「落ち込む」と答えた人、50% 「はずかしい」20% 「泣く」15% 「ごまかす」10% 「ラッキー」と叫んでしまう人、1%。 さて、あなたは失敗したときどう思いますか?どの部類でしょう? 「三性の理」という絶対法則から考えてみれば、 失敗と成功はただのコインの裏表の関係と同じです。 失敗を怖れて、冒険心をしまってしまっていては、永遠にあなたの 人としての進化は訪れてこないのです。 本当に 読む人に勇気を与える一冊です。 小学生でも読めるような作りになっているので、 お子さんへのプレゼントにもピッタリこん♪ですよ。

カートに入れる:

  • モデル: 4866510590


読書普及協会