【義と仁の書】国定忠治 関八州の大親分---反骨に徹したアウトロー [4336054067] :
読書のすすめ    カートを見る      

【義と仁の書】国定忠治 関八州の大親分---反骨に徹したアウトロー

2,484円

平井晩村 著◆男ごころに男が惚れる「関東一の大親分」「男のなかの男」と称された、ご存じ国定忠治の一代記を鮮やかに描いた決定版。明治の時代小説家である平井晩村が描く歴史物の代表作を、平明な現代語でわかり易くしてあります。 群馬県前橋市出身で赤城山を眺めて育った晩村は、情緒豊かに上州の景観を点描し、侠客国定忠治の生涯を生き生きと描いています。初版は大正5年5月に大日本雄弁会より刊行されました。このたびの再販にあたり、以下の編集上の補いをしました。ゝ豐岨旧仮名遣いを新漢字新仮名遣いに改めました表記も現代文に改め、差別用語に配慮し、一部を補いましたF饂にはルビをふり、難解な言葉には( )で意味を補いました13の大見出しを付し、小見出しを付しましたタ靴燭柄浤┐鯀淨しました➅巻末に忠治研究60年の郷土史家真藤正実氏述の『巻末特集 大戸の忠治地蔵』を収録しました。

カートに入れる:

  • モデル: 4336054067


読書普及協会