【先行発売!】妻が願った最期の「七日間」 [4763137104] :
読書のすすめ    カートを見る      

【先行発売!】妻が願った最期の「七日間」

1,296円

宮本英司著【一般書店より少し早く7月23日月曜日先行発売!※一般書店の発売は、7月26日頃】◆清水店長の『5%の人』、『他助論』、喜多川泰さんの『「また必ず会おう」と誰もが言った。』などなど、話題の本を編集された編集者、「鈴木七沖」さん編集の待望の最新刊は、朝日新聞の投稿欄に掲載後、ネット上で約19万人がシェアした大反響の詩「七日間」と、愛をつむぎ続けた夫婦の感動物語をまとめた1冊です。新聞の「七日間」の投稿をご覧になった鈴木さんは、すぐに新聞社に熱い想いを伝えて、著者の宮本英司氏とお会いした後に出来上がった、まさに魂の書!あれこれ書くより、担当編集の鈴木七沖さんのこの本に対する想いをお読みください→「詩「七日間」のことを初めて知ったとき、居ても立っても居られなくなって、すぐ新聞社に連絡をしました。「この著者と会いたいのですが……」と。自分が同じような体験をしたこともそうですが、著者の英司さんと奥様の容子さんが大切につむいできた物語は、きっと多くの方々の胸に響くでしょうし、共感を呼ぶだろうと感じました。夫婦であったり、家族や友人であったりと、誰もが体験する「別れ」の中で、何が一番大切なのか、そのことを教えてくれる物語を広めたい。英司さんと同じ状況の方々にはもちろんのこと、人生の岐路に立たされて悩んでいる人や、日々を真剣に生きたいと願っている人たちに、この本が届くことを願っています。」―‹目次より›(本の内容)・詩「七日間」・「七日間」ができあがるまで・二人の物語・夫婦について・最後の返信(あとがきに代えて)

カートに入れる:

  • モデル: 4763137104


人情横丁