朝の論語〜安岡正篤氏がラジオ放送で語った名講義録! [4896190434] :
読書のすすめ    カートを見る      

朝の論語〜安岡正篤氏がラジオ放送で語った名講義録!

2,376円

安岡正篤著【あの松井秀喜選手を育てた、石川県金沢市の星陵高校野球部で、30年以上監督のNo.2の部長として活躍され、現在は金沢の「親子で楽しむ寺子屋論語塾」の講師もされている「本田実先生」の論語入門のおすすめの1冊!◎早速、本田実先生ご本人から『朝の論語』の推薦文をいただきました→「 書名のとおり、朝十九回にわたって論語を講じたものである。多くの論語の解説書や講義録などがあるが、本書の特徴の一つは一講ごとのテーマと内容の幅の広さと深さであろう。一講の中で三章句程度に触れているが、その話は文明文化に触れたかと思うと東洋思想から川中島の治水工事、フランスの哲学者シャルル・リシエ、スイスのヒルテイの著書からの引用、さらには何と農山村に住む人々の自由と幸福へとつながるといった、縦横無尽の語りは大きな魅力である。しかも分断したものではなく、『論語』の読み方、捉え方の自由さ、広大さは『論語』と安岡正篤先生ならばこその世界といえる。さらにつけ加えれば、ただ博識の中からの講話ではなく、いつの間にか深い思索の世界に無意識のうちに誘われていることに気づくだろう。」本田実先生】◆読書のすすめでも有名な安岡正篤氏が、昭和37年当時のニッポン放送の朝の番組にて、安岡氏が連続講話した19回の論語の講座の内容が、この本にまとまっています。◎「安岡氏の本だから難しいのでは?」と思われた皆さんご安心ください。ラジオ放送での講義録なので、少し難しい当時の漢字があるものの、実際の放送を聞いているような感覚で、読むことができるんですよ!しかも、出版社の明徳出版社の方にお聞きしたところ、毎年春になると、数百冊の注文が入り、ある企業さんの新人研修にも使用されているとのこと!こちらの本のベースとなっている講座のテーマも、「孔子とその生涯」「日常生活」「義と利」「富と貴」「素朴と文化」「言と行」「器と道」「人と我」「正と政」「無道と有道」「行政と民衆」「憂世と避世」など、日常生活に牾茲す瓠嶇生譟廚鮓譴辰討い襪箸海蹐癲必見です!

カートに入れる:

  • モデル: 4896190434


人情横丁