日本人のための宗教原論〜宗教理解のための第一級の解説書! [4198611682] :
読書のすすめ    カートを見る      

日本人のための宗教原論〜宗教理解のための第一級の解説書!

1,944円

小室直樹著◆以前、『耆に学ぶ』の著者で、茶人の吉田晋彩先生に「鈴木大拙の本を読むなら、狃ゞ記瓩箸いΔ發里鰺解しないと読めないよ。」と教えていただいたことがあります。鈴木大拙の本には、禅や仏教の思想が書かれていることは、皆さんご存知だと思いますが、こちらの『日本人のための宗教原論』という本を読んで、晋彩先生の言葉の意味が少し分かったような気がします。つまり、仏教を仏教とだけ切り取って学ぶのではなく、キリスト教や、イスラム教、儒教など、西洋、東洋と分けずに狃ゞ記瓩箸いα澗里涼罎諒教として学ばないと、真に鈴木大拙の本やタテ糸の名著は読めないということでしょう。こちらの本の著者小室直樹氏は、憲法、経済、論理学、社会学などなど、あらゆる学問を究めている「知の巨人」として有名ですが、そんな小室氏が、キリスト教、仏教、儒教、そして、イスラム教の蘊奥(奥深い)ところから説き起こし、各宗教がどのようにして、その奥深いところに達して、現代に影響を及ぼしてるかを、イチから丁寧に解説している狃ゞ記瓩料澗料を捉えて理解するためにピッタリで本格的な入門書になっています。キリスト教の「予定説」、仏教の「空」、儒教の「官僚」、「宗教の手本」のイスラム教という、各宗教の核心を押さえながら、原理・原則を学ぶ第一級の解説書!鈴木大拙の本に挑戦している方はもちろん、執行草舟氏の著書や、『超一流の成功哲学』など、仏教やキリスト教など、縦横無尽に宗教の教えが出てくるタテ糸読書の理解のためにも、押さえておきたい1冊です。<目次>・第1章 宗教は恐ろしいものと知れ・第2章 宗教のアウトラインを知る・第3章 神の命令のみに生きる「キリスト教」・第4章「仏教」は近代科学の先駆けだった・第5章「イスラム教」は絶好の宗教の手本・第6章 日本に遺された「儒教」の負の遺産・第7章 日本人と宗教

カートに入れる:

  • モデル: 4198611682


人情横丁