【見識を磨く】政府は必ず嘘をつく 増補版---逆のものさし講選定本 [4040820606] :
読書のすすめ    カートを見る      

【見識を磨く】政府は必ず嘘をつく 増補版---逆のものさし講選定本

864円

堤未果著◆先日、瞬間移動が出来るという人がいることをあるセミナーで知った。 そのセミナーの参加費数万円。参加者数百人。驚く現象である。 こんなにも人間は騙されやすいのかと。オウム真理教の時もそうだった。 エリートおいわれる人たちがたやすく騙された。おれおれ詐欺の被害も、 こんなに世間で注意するように警告しても被害はなくならない。 人は何かを一度信じてしまうと、自分を否定することになるので、疑うことを嫌い、 正当化するように意志が働く。そしてその結果、ずっぽりだ。 どうしてなのだろう?歴史が示す「愚民政策」の完成なのだろうか。 会社だって学校だって、各々の家庭だって、こういうウソっぽい空気は必ず破綻する。 歴史をみれば明らかだろう。だから、「逆のものさしを持とう!」と叫びたい。 しっかりとした確かな見識を持つために、時代が変わってもけっして変わらない、 「タテ糸の読書をしよう!」と叫ぶのである。 世の中のすべての物事は、陰陽の無限循環でなりたっている。 表があれば、必ず裏が存在する。マスコミで言われることは、裏か表かの一面だけだ。 片方しか見られない幼稚さに、そろそろ庶民お一人おひとりが気づかなければ、 未来の人たちに恩送りは不可能である。【逆のものさし講】の選定本とした。 巻末になんと”袋とじ”が付いている。なんだかドキドキしちゃうじゃないか!(笑)

カートに入れる:

  • モデル: 4040820606


読書普及協会