【実践版!】笑育ドリル〜育てるをもっと楽しく・おもしろく〜 [4771030206] :
読書のすすめ    カートを見る      

【実践版!】笑育ドリル〜育てる"をもっと楽しく・おもしろく〜

1,944円

百瀬和夫著【3月10日頃入荷予定】◆神戸市の教員として数々の現場で格闘しながら実践し、今は関西国際大学の准教授として多くの小学校、中学校、保育所や幼稚園の現場で子ども達と触れ合ってきた『笑育のすすめ』著者百瀬和夫先生が、教育の研修に回って、先生方からいただいた質問や、足を運んで教室を回る中で気づいたことなどを、百瀬先生から読者へまず問いかけをして、その問いかけに対して、自分で考える隙間のスペースもありながら、百瀬先生の回答を読み、さらに、「笑育コラム」も読むことで、狆舒薛瓩鮨爾読み込むための、より実践的な1冊になっています!当店大人気の『笑育のすすめ』とセットで読むと効果倍増です。『笑育のすすめ』と同じく、子どもをとりまく大人はもちろん、部下を持つ上司の立場の方や、人と関わる皆さんにおすすめの名著です!【目次より】はじめに◆ 笑育ドリルに寄せて・笑育とは・子どもたちへの言葉遣いの基準◆第1章 学年当初の学級づくりをもっと楽しく・学級経営の方針づくり・学級経営方針の子どもたちへの示し方・出席のとり方◎笑育コラム 「教師としてやっていく自信」◎笑育コラム 「タイムマネジメント」◆第2章 学級の仕組みをもっとおもしろく・「当番活動」とは◎笑育コラム 『ありがとう』と言いたい・「係活動」とは・子どもたちが積極的に活動するための三つの条件◎笑育コラム 「自主性」と「主体性」について考える◎笑育コラム 「うちの子どもには『いただきます』を言わせないでほしい」◎笑育コラム 「うん。うん。」学級◆第3章 子ども理解からユニバーサルデザイン教育へ・子どもたちをどのように捉えるか・多動傾向にある子どもたち◎笑育コラム 保護者が3人泣いて帰った……。・作業記憶(ワーキングメモリー)が少ない子どもたち◎笑育コラム 「どんな時、厳しく叱るのか」・マイナス言葉の合いの手を入れる子どもがいる場合◎笑育コラム 配慮の必要な子どもへの指導・支援の基本・困っている子どもに対する座席上の配慮◎笑育コラム 座席を決める◎笑育コラム 授業づくりは学級づくり・シールの活用方法・「宿題」◎笑育コラム「宿題のサムライ(?)」◆第4章 困っている子どもとの関わり方・「見て見て行動」◎笑育コラム 無敵(?)の生徒指導・子どもたちに掛ける言葉◎笑育コラム ある「見たまんま法」の使い方・「YOUメッセージ」と「I(愛) メッセージ」・やる気がなさそうに見える場合◎笑育コラム 怒りの感情は「二次感情」・終 章 「教育者」への道・子どもたちが言ったとおりに動いてくれません・職場でいじめられています・おわりに

カートに入れる:

  • モデル: 4771030206


読書普及協会