よしりん辻説法1---悲の論理 [4334979843] :
読書のすすめ    カートを見る      

よしりん辻説法1---悲の論理

1,000円

小林よしのり著◆いまの日本人の多くは、「心ない論理」と「心ある論理」の 二種類しかいない。「心ない論理」とは、自分の考えの中に「情」というものさしを はさまない論理のことだ。「心ある論理」とは、小林よしのり氏が言う「純粋真っ直ぐ君」 のことであり、現象を一面しか見ない。物事の裏側を考えない。その上、自分は 良い人だと信じて疑わない。しかし、その裏側には自らの自己重要感が足りていないことに まったく気づいていないで発言をする。「かわいそう〜」とか、「ゆるせない!」 などと、自分にはまったく関係のない「世間」の出来事にたいし、憂い激怒する。 有名人のツイッターなどに上から目線で書き込みし炎上させるのは「心ある論理」の 人々だ。完璧な人間なんていない。そのことさえ自分を棚に上げて気づかないふりをして 論理を組み立てる。「心ない論理」と「心ある論理」は、どちらも何も創造出来ない 論理といっていい。本当は、仏教でいう「慈悲の心」が、最上だということだ。 善も悪も人間が色をつけた、実際には確定しない。この本は、とことん痛快であった。

カートに入れる:

  • モデル: 4334979843


読書普及協会