一年有半---「死とどう向き合うか」を綴った兆民、エッセイ集! [4334753306] :
読書のすすめ    カートを見る      

一年有半---「死とどう向き合うか」を綴った兆民、エッセイ集!

1,123円

中江兆民 鶴ケ谷真一著◆「一年半は悠久である」。死の直前まで天性の明るさを失わなかった狹賤里離襯宗辞瓩遺した珠玉の言葉。「もし明治の日本に中江兆民が存在しなかったら、明治はどれほど寂しい時代になっていただろう」(「訳者あとがき」より)。 死の直前まで明るさを失わなかった「東洋のルソー」中江兆民による珠玉の批評・エッセイ集。「余命一年半」を宣告された中江兆民による、痛快かつ痛切なエッセイ集。政治・経済・社会への歯に衣着せぬ批判から、人形浄瑠璃への熱愛までを語り尽くした明治の大ベストセラーが、豊富で詳細な注を具えて蘇る!理念と情の人・兆民の透徹したまなざしが光る「生前の遺稿」。

カートに入れる:

  • モデル: 4334753306


読書普及協会