【執行草舟氏監修!】情熱の哲学 ウナムーノの「生」の闘い [4588130236] :
読書のすすめ    カートを見る      

【執行草舟氏監修!】情熱の哲学 ウナムーノの「生」の闘い

2,700円

佐々木孝著、執行草舟監修【1月26日頃入荷予定。※2018年執行草舟氏が最も読んで欲しいおすすめ!として、執行氏監修のもと、40年前の名著が改訂・大幅増補して復活!】◆当店で今でも大人気の『生くる』、『友よ』、『根源へ』の著者執行草舟氏の本の中でも、度々ご紹介されている、近代スペイン精神を代表する思想家・詩人のミゲール・デ・ウナムーノの思想に執行氏が出会い、ウナムーノの哲学を愛するきっかけになった本が、40年前に出版された佐々木孝氏の『ドン・キホーテの哲学−ウナムーノの思想と生涯』です。今回、執行氏が今こそ、ウナムーノの狆霰の哲学瓩鮴い北笋時!ということで、執行氏監修の上、絶版になったいた『ドン・キホーテの哲学』を復活して、新たに3つの論文と、図版も多数追加され、ウナムーノ哲学の入門書の決定版になったのがこちらの『情熱の哲学』です。執行氏が若き日より繰り返し読み、ウナムーノと共に悩み、喜び、そして生きてきた、まさに犧欧裡浦畉粥耕攅Щ瓩離Ε淵燹璽里紡个垢訃霰がそのまま文章に込められていて、「ウナムーノとは何ものか」、「スペインとは何か」という問いが生き生きと描き出され、現代社会に生きる私たちの生の姿勢を考え直すきっかけになる1冊です。執行氏の著作を愛読されている方は、見逃せない必読書!ウナムーノの著書『生の悲劇的感情』を読まれた方も、よりウナムーノの理解を深める、執行氏超おすすめ本になっていますので、是非お見逃しなく!→◎「四十年前に刊行され、スペイン哲学を日本に紹介した画期的名著と言っても過言ではない。私の犧蚤腓琉ζ表餃瓩琉譴弔任△蝓△泙浸笋離Ε淵燹璽陵解の根源を築き上げてくれたものと考えている。」◎「私は長年に亘って、佐々木先生の名著を、日本のウナムーノ研究のために機会あるごとに人に薦め、紹介してきた。しかし、今日に至って、その著作郡も市場から消え失せてしまった。この現状を見て、私は復刊の志を固めたのである。」ウナムーノの哲学を日本に根付かせるのが私の願いなのだ。」◎「佐々木先生のウナムーノ論とその翻訳には、魂と涙が存在する。ウナムーノと同じ知性と情熱が佐々木先生自体にも存在しているのだ。知性と情熱が交感し激突している。だから、そのウナムーノ論は、ウナムーノそのものを表わす力があるに違いない。ウナムーノの体温と血液を感じることが出来る。もちろん、それはウナムーノの翻訳においてもしかりである。私は佐々木先生の翻訳と著作によってウナムーノの思想を掴み取って来た。だから、私は「生きたウナムーノ」を愛することが出来るようになったのだと思っているのだ。」◎「ウナムーノの哲学は、私の中で「根源的思想」となった。そのような時に、今回の復刊第一部を成すことになった佐々木先生の『ドン・キホーテの哲学』が刊行されたのだ。それは、ウナムーノの入門書であったが、行間の深さは狎賁臀颪硫榛分にも匹敵していた瓩茲Δ乏个┐討い襦C者の情熱と学識が桁違いであることはすぐにわかった。読む度に、ウナムーノの新しい魂が私に迫って来るのだ。行間からウナムーノの声が本当に聴こえて来た。その時、私はこの書物の著者であり、ウナムーノ著作集の翻訳者でもあった佐々木先生の真の「凄さ」というものを実感したのである。読めば読むほどウナムーノに惚れてしまう。そのような文を書く人が佐々木先生であった。それは学識だけではない。多分、強い「愛の力」を持っている人に違いないと私は感じていたのだ。その時から続く思いが、今回のこの復刊に繋がって来たのだろうと思っている。つまり、哲学思想の入門書で、私はこの『ドン・キホーテの哲学』ほど血の通った書物には出会ったことがないのである」以上、それぞれ監修者あとがきより <目次より> 第一部・プロローグ ・第1章「精神の風土−理性と信仰」・第2章「わが友ドン・キホーテ−不滅を求める狂気の騎士よ・・第3章「亡命と帰郷」 エピローグ「思索の旅 ウナムーノ巡礼」第二部・第1章「ウナムーノの煩悶―その哲学の出発」・第2章「ウナムーノの咆哮―その哲学の考察」・第3章「ウナムーノと漱石―伝統と近代の挟間」 監修者あとがき 執行草舟

カートに入れる:

  • モデル: 4588130236


人情横丁