易経 陰の巻―結果が出ないときはどうしたらいい? [4787717139] :
読書のすすめ    カートを見る      

易経 陰の巻―結果が出ないときはどうしたらいい?

1,944円

竹村亞希子、都築佳つ良著◆学問や読書をしていれば、いつかは辿り着く教えとしてご存知の方も多い「易経」挑戦しようと志す方や興味がある方は沢山いらっしゃるものの、入門にピッタリな本がなかなかなく、挫折される方が多いのも事実です。とにかく、実際の「易経」に入る前に基本的な考え方を学べる本はないか探していたところ、こちらの本と出会いました。副題は、「こどもと読む東洋哲学」となっていて、こちらの陰の巻と、陽の巻が出ていて、陰陽どちらの巻も読むことで、「易経」の大切な教えが学べるようになっています。※主人公は、陽の巻が小学生、陰の巻は中学生に成長した続編になっていますが、物語形式で、お子さんはもちろん、大人の方も「易経」に入る前の基本的な考え方を学ぶためにとっておきのおすすめになっています。是非、「陽の巻」「陰の巻」セットでお読みください!―その昔、「易経」は変化の書と呼ばれ、困った時や迷った時に「易経」を読み、物事への対処法を自分で見つけていました。「陽の巻」のテーマは、「易経」の根本である「天地」の中の、実は天よりも大切な坤為地という「地」を扱った、牝馬の教えから、どんなことにもへこたれない地に足がついた確かな基礎を築くための大切な心構えを、主人公の天野乾太君の成長物語を楽しむ中で、だんだん見えてきます。◎合わせて「天地」の中の「天」の部分の「乾為天」がテーマの「陽の巻」も学べば、易経の中の成長の法則と共に大切な、成長段階の教えを書いた龍の成長法則を学べば、陰陽両方の大切な教えの基本を掴むことができて、より効果倍増です!<目次より>●第一部・地に足をつけて歩いて行こう・ほめられつづけているとどうなる?・雲の上にのぼった龍のきもち●第ニ部 道に迷うこともある・龍のつぎはなんになる?・ひそかな楽しみ・これくらい大丈夫、がこわいんだ・ぼくたちは、お先真っ暗!龍の国の王様、ふたたび●第三部 大地を歩くよろこび・徹底的に従うことの宿題・まっすぐに向きあって従う・もう道をまちがえない・長い道のりはこれから?・いい脇役になれる?・仲間と支えあっていこう・スターより縁の下の力持ち?大地の果てまでも歩いていく・エピローグ それぞれの新しい春・おわりに・お父さん、お母さん、そして易経をはじめて読む方へ

カートに入れる:

  • モデル: 4787717139


人情横丁