私は、悲しみも劣情も、静やかに眺める。〜「中庸」が心でわかる本! [4782534823] :
読書のすすめ    カートを見る      

私は、悲しみも劣情も、静やかに眺める。〜「中庸」が心でわかる本!

1,836円

黒田充代著【11月8日入荷予定】◆偶然見つけて、ふと何気なく読み始めた本でしたが、予想に反して、あまりの面白さに夜中まで一気読みしてしまいました!副題は、「犖充足瓩噺き合うスピリチュアル」・・・自己を見つめる。自己と向き合うということは頭では分かっていても、なかなか実践は難しい。そんな時、この本を読んでみると、読みながら「自己を見つめる」体験ができる上に、読み終わった後に、あれだけ揺れていた心を、自分の真ん中にすーっと戻してくれる本でした。テーマはたった1つ―「中庸」。著者は、重度の自閉症をもつお子さんを育てる、ごくありふれた女性です。そんな著者が、等身大の「現実」に向き合い、素直に世界と自分を調和させる場所を探した答えが「中庸なこころ」という場所。この現実に逃げずに向き合っている方が書かれた本だからこそ、机上の空論ではなく、日常生活や現実に活かせる真のスピリチュアルがこの本に書かれています。中国古典で言われる中庸とは少し違い、善悪、美醜、悲喜、愛憎、自分と他人など、二元論を超えて、両極をしっかり知った上で、一元論で「爐修里泙洵畍渡せる力」を養い、読んだ方の狠耆猫瓩心で分かるという読書体験ができる1冊です。自己を見つめたい方も、ブレない心=肚をつくりたい方も、逆のものさし的な一元論を感じたい方にも、この本は是非お読みいただきたいですね。特に、女性の方におすすめですが、男性の方も素直に読めば得ること大!!※同じく、『「絶望」に声を与えよう』と2冊セットで読むと、こちらの著者は女性の方なので、女性性、『「絶望」に声を与えよう』は男性が著者なので、男性性という、女性性、男性性という視点から、「こころの中庸」「感情の解放」というテーマで、様々な角度から「自己を見つめる」ことができて、効果倍増です! 読書のすすめ 小川

カートに入れる:

  • モデル: 4782534823


人情横丁