【真の5%の人になる】BLUE GIANT(ブルージャイアント) [4091856784] :
読書のすすめ    カートを見る      

【真の5%の人になる】BLUE GIANT(ブルージャイアント)

6,222円

石塚真一著◆先日、学生の頃からドクスメに来ていて、 いまはベンチャー企業を立ち上げてバリバリやっている かつをちゃんという若者から電話がありました。 「このマンガがすごい面白いですよ! 中村天風や西田文郎著【ツキの大原則】を読んだ人が これ読んじゃうと爆発します!」 さっそく調べてみると、 出版社さんには下記のような文章がありました。 『 主人公はバスケ部に所属する宮本 大。 中学の時、友人に連れられて見に行ったジャズの生演奏に心打たれた。 その後、たった独りでただがむしゃらにテナーサックスの練習をはじめる。 ダンクシュートを打つ身長も、ジャンプ力もない。 身体には限界がある。 でも音にはきっと……… 楽譜は読めず、スタンダードナンバーも知らない。 ただひたすら真っ直ぐ突き進んでいく。 「絶対にオレは世界一のジャズプレイヤーに、なる」。 雨の日も猛暑の日も毎日毎日サックスを吹く。 初めてのステージで客に怒鳴られても。 それでも大はめちゃくちゃに、全力で吹く。 「僕好きだな、君の音」。 ものすごくめちゃくちゃな演奏。 でも、人を惹きつける力が大の音にはある。 激しく変わる。激しく成長する。 ジャズに魅せられた少年が世界一のジャズプレーヤーを志す物語。 』 これを読んで「?」が頭の中に浮かびます。 そもそもジャズという音楽の世界をマンガで表現するなんて 本当に出来るのだろうかね??? しかし、男前のかつをちゃんが、わざわざ電話をかけてそこまで いうのなら、読まないわけにはいきません。 今朝、そのマンガがドクスメに入荷してまいりまして、 さっそく読んでみると・・・・・・おーーー!魂の燃焼だ!と叫びたくなる 内容で、思わず10巻を一気読みでした。 (けっしてありがちな大袈裟な表現をしているわけではありません。) 私たち現代人は、頭が良くなりすぎたのか、 損得、快不快、陰陽と二つにモノを分けて考えることこそが、 素晴らしい判断だと思いがちで、それを超える 「魂が燃焼する生き方」という存在があることを忘れてしまっている。 少なくともぼくはこのマンガを読んで即、自分の中にある”それ”を 明確に思い出すことができました。 本当の自由とは何か?予定調和をぶっ壊すとどんな善き出来事が 起こるのか?魂が燃焼する生き方とは何か? そんなことを気づかせてくれるマンガでしょう。これは読まなきゃ損だね。 執行草舟著【生命の理念】にも書かれている、 生命エネルギーという概念を持つことで、仕事も恋も?運もツキも、 ずいぶんと良くなります。その生命エネルギーの着火剤として こちらのマンガはオススメっすよ! ちなみに「ブルージャイアント」の意味は、 マンガの中でこうありました。 「あまりに高温のため赤を通りこし、青く光る巨星。 青色巨星のことです。若い頃仲間内で、世界一輝く ジャズプレイヤーを”ブルージャイアント”と呼んでいました。」 さあ!みなさんも、いつまでも理屈にしがみついて、 くすぶってないで、熱く燃えましょうぜ!!!!!!!!

カートに入れる:

  • モデル: 4091856784


この商品をお求めの客様はこんな商品もお求めです。


人情横丁