「マコトよりウソ」の法則---93歳”知の巨人”の人生術 [4865811186] :
読書のすすめ    カートを見る      

「マコトよりウソ」の法則---93歳”知の巨人”の人生術

1,512円

外山滋比古著◆この本は、常識の枠をはずせば、 自由な頭からおもしろい発想が生まれる。 「オモテよりウラ」を楽しむ知の刺激剤! となりますよ!! 近頃どうも気持ちが悪い。 良いの悪いの、不倫だの不倫じゃないの、あれがこうでこれがそうで・・・・・。 裏なら裏だけを見て、裏を感じず表だけを見て、本質を忘れた 枝葉の議論であれやこれやと誹謗中傷に明け暮れる。 どうしたんだろう?子供もケンカでももう少し理に適っているような 気がします。そんなむしゃくしゃした気持ちをすっきりさせてくれる。 さすが93歳の知の巨人といわれる知恵が書かれておりました。 下記、一部ご紹介しましょうかね。 「人の話はよく聞かないといけない。子どものときからそう教えられているが、 なかなか、うまく、おとなしく話を聞くことができない。大学でも、 講義中に私語禁止を告知したところもあったほどである。 そういう人たちも、聞いてはいけない他人の話は気になり、 聞き耳を立てるのである。 通りすがりの家から話し声がもれてくる。 それを知らん顔して通りすぎるのは普通ではない。なんだろうと思う。 聞いてはいけないと思っても、つい気を引かれる。 知らん顔をして通りすぎることができない人ほど、人間味がある。 英語にイーヴズドロッパーということばがある。よその家の軒下で、 中から聞こえてくる話に聞き耳を立てることである。 日本語で”立ち聞き”というところを軒下でこっそり聞くというところがおもしろい。 家の中で話されていることの多くは、なんということもないことである。 とくに、どうということはない。 それが縁もゆかりもない人の心を引く。おもしろそうだと感じられる。 当事者、すなわちインサイダーにとってなんでもないことが、 第三者、すなわちアウトサイダーにとっては、わけもなくおもしろくなる。 一般に報道、ジャーナリズムは、一般の人間に代わって、 イーヴズドロッパーになってくれているようなものである。 なんでもないこと、おもしろくないこと、取るに足らない犯罪も、 ニュースとなれば、読者、視聴者にとっておもしろい話になるのである。 ニュースがおもしろいのは、関係のない人にとってであって、 当事者はもちろん、かかわりの深い人、利害関係のある人には、 むしろ不愉快であろう。 テレビにはほかにない”おもしろさ”がある。映像はかならずしも 愉快なことを示しているわけではない。ときには、目をそむけたくなるような シーンもあるが、視聴者はそれに引き込まれるのである。 当事者として映像化しているわけではなく、アウトサイダーの視点に 立っているからである。 事件などで目撃者の談話がとりあげられることがあるが、もちろん、 非当事者、アウトサイダーから報じられている。本当の当事者が 発言することは、めったにないといってよい。 テレビは”のぞき見”によって成立するのである。 多くの人がテレビを”おもしろい”と思うのは、”のぞき”のためである。 それを自覚することがないのは、テレビがあまりにも一般化している からである。 テレビより早く、この”のぞき”を引き受けたのは新聞である。 新聞は社会を教化する木鐸であると誇示したこともあるが、 多くの一般読者は、のぞき趣味を満足させるものとして新聞に親しみを 覚えていたのである。 週刊誌などの雑誌が読者を引きつけるのも、”のぞき”の代行を しているからで、そのことを忘れた定期刊行物は消える。 ”のぞき”のおもしろさは、鮮度である。いま、のぞいていることが おもしろいので、10日前の話などに興味をもつのは普通ではない。 おもしろいのは、新しいからである。おもしろさはニュースバリューを もって人の心に訴える。 人類はじまって以来の”のぞき”のおもしろさであるが、社会的な力を もつようになったのはごく最近、というより、現代である。そういうことを、 われわれははっきり認識していないのかもしれない。 ”のぞき”はマスコミの元祖であったのかもしれない。”のぞき”がおもしろい。 それを否定することは、不可能である。」 唯識とは何か 「法相二巻抄」を読む---究極の逆のものさし この本に書かれていたことだが、あらゆる事象は自分の内で 起きているのであって、安易にアウトサイダーでモノを言うのなら、 「のぞき見」根性を捨てていうのでなければ、のぞき見野郎と 同じ穴のムジナとなってしまいます。 【5%の人】は少数派のインサイダーに属してしまうのかも しれませんが、かっこいいのはこちら側であるという確信があります。 アウトサイダーとは、ありていにいえば、人の不幸を喜ぶ野次馬野郎 ですからね。自分でも気づかないうちに野次馬野郎にならないためには この本は力になります。 アウトサイダーから、いつも自分事と捉えることの出来る、 インサイダー側へ戻ってきてください!!!

カートに入れる:

  • モデル: 4865811186


人情横丁