明解〈仏教〉入門---どうしても今だかこそオススメしたい本 [4393132500] :
読書のすすめ    カートを見る      

明解〈仏教〉入門---どうしても今だかこそオススメしたい本

2,376円

城福雅伸著【全く知識がなくても仏教の全体像が、しかも順番も一番理解しやすいように作られた、今までありそうでなかった真の仏教入門書です。この本をしっかり読んでいれば、今読書のすすめでおすすめしている「鈴木大拙」の本や、「唯識」の本などの本の理解も深まり、基本もしっかりと身につけられますよ!】◆一日でも早くみなさんに、今だからこそ どうしてもオススメしたい本がありましたので、 出版社さんに車を飛ばして先ほど取りに行ってまいりました。 気合い入ってるでしょ。(笑) その本の中にこんなことが書かれています。 「仏教の思想には見直すべき要因がいくつかあります。まず人間の精神的な 苦悩やストレスが減るどころか増大する一方の現代、心の平安をめざす 実践と哲学をもっている仏教はその意義を増していると考えられます。 と同時に、仏教は鋭く人間と社会を見つめてきた哲学と言えるので、 価値観も多様になり、またさまざまな欲求や衝動に翻弄される 消費・情報化時代にあって、私たちに生き方の指針を与え得る 総合的人間学でもあります。 人間だけでなく生きとし生けるものすべてをその視野に収め摂ってきた 思想という意味では、仏教は環境の問題に対しても確固とした思想基盤を 与えます。そしてそれは日本とアジア諸国に共通のものとして、 今もっとも必要とされる国際的な協調と相互尊重の精神的基礎としての 役割をも果たし得るものと言えます。」 いかがでしょう。戦争がはじまるかもしれないし、環境問題も 決定的な解決策にいたっていないようですし、待機児童や格差問題とか、 いろいろな矛盾を解決しようと関係者の皆必さん死でがんばって おられることと思います。 しかし、いまの産業第一主義の価値観のままでは、解決しないだろうことは 火を見るより明らかなことではないでしょうか。もっと根本的な思想を、 変転しなければ、なにもかもが解決に至らないのでしょう。 ゆえに、「仏教のものさし」が必要なのではと確信しています。 だから一刻も早く多くの方に読んでほしくて、今日は車を飛ばしてしまった というわけです。がってんいただけましたでしょうか?(笑)

カートに入れる:

  • モデル: 4393132500


人情横丁