ミライの授業---学校は未来と希望の工場、そして「魔法」を学んでい [4062200172] :
読書のすすめ    カートを見る      

ミライの授業---学校は未来と希望の工場、そして「魔法」を学んでい

1,620円

瀧本哲史著◆ドクスメには毎朝ダンボールに入った本が 届いてくる。 「今日はどんな本が着ているのだろう」という ワクワクした思いでダンボールの箱を開けるのです。 「わー!こんな面白そうな本が届いてるぞ、小川選手!」 と言いながら、まずは二人でパラパラと本を読んでみる。そして、 「くっーこれはすごいぞ!」という本に出会うことがある。 今日もそんな本との出会いがあった。 【 ミライの授業--- 学校は、未来と希望の工場、そしてきみたちは「魔法」を学んでいる 】 以前は、天動説が正しいと誰もが信じていた時代があった。 今では天動説なんて信じている人間は誰もいない。 子どもでも地動説は常識だと疑わない。しかし、この地動説が 世間の周知の常識となるまでに100年の時間が必要だったという。 どんなに正しい真理・真実でも、知れ渡るまでに100年という時間が かかるのだ。この本に書かれていることも、「逆のものさし講」で 語られることも、それが一般に広がるまでにもしかしたら100年 かかるのかもしれない。 ゆえに、ここで内容の説明はさけて、とにかくごちゃごちゃいわず考えず、 まずは読んでみることをオススメします。山田くん、ごちゃぐちゃ言わずに 読んでみようね。(笑) しかし、それではあまりにも不親切なので目次だけは下記に 記しておきます。 ご注文は便利で簡単、ポイントや勝手がきくア●ゾンでするか、 すぐに本は届かないし、圧倒的に不便なドクスメと承知の方のみ、 ドクスメにご注文下さい。(笑) お待ちしてます。 2015年、私は全国の中学校を飛び回った。超難関として全国にその名を轟かす兵庫県の灘中学校や、福島第一原発事故の影響で避難生活を余儀なくされている福島県飯舘村立飯舘中学校など、さまざまな中学校を訪ねた。 目的はひとつ、未来に生きる14歳のきみたちに、特別講義を届けるためだ。  中学生向けの講義だからといって、レベルを落としたつもりはない。本講義の根底に流れるのは、ふだん私が京都大学の学生たちに向けて語っているのと同じテーマであり、問題意識だ。  講義のタイトルは「未来をつくる5つの法則」。その中身は、ざっと次のような感じである。ぜひ法則の「?」に入るキーワードを想像してみてほしい。 法則1 変革の旅は「?」からはじまる 法則2 冒険には「?」が必要だ 法則3 一行の「?」が世界を変える 法則4 すべての冒険には「?」がいる 法則5 ミライは「?」の向こうにある  本書は、その講義のエッセンスを凝縮した一冊である。未来を生きるきみたちに向けた、未来を変える特別講義だ。

カートに入れる:

  • モデル: 4062200172


読書普及協会