子どもたちの光るこえ [hikarukoe] :
読書のすすめ    カートを見る      

子どもたちの光るこえ

1,944円

香葉村真由美著【※予想を超える大人気のため、初回入荷の50冊があっという間に売り切れ!すぐに追加の手配をしまして、9月8日頃入荷予定。入荷までもう少々お待ちください。】◆子どもたちの真実の物語を全国で伝え続ける、福岡市の現役小学校教師 香葉村真由美先生、初の著書が読書のすすめにも入荷しました!出版されている出版社はセンジュ出版という、東京の足立区千住にある、お一人で営まれている1冊、1冊の本を大切に思いを込めて作っている、とても素敵な出版社さんです。そんなセンジュ出版さんからの最新刊「子どもたちの光るこえ」は、著者の香葉村先生が実際に体験した、教室の中での心温まる物語です。学校一の問題児と言われた男の子の涙、声を出せなくなった孫娘をかばったおばあちゃん、卒業後みずからいのちを絶った女の子が遺したメッセージ、家族から暴力を振るわれた男の子のついたウソ、交通事故でお父さんを亡くした男の子の願い。生徒から「先生のクラスの生徒でよかった」と言われ、教師から「先生のクラスの生徒になりたい」と言われる、福岡の名物先生、初書籍。人を信じること、人と向き合うこと、人を受け入れること、自分を認めること、言葉にするのは簡単ですが、それら全ての爛螢▲覘瓩この本からストレートに伝わってきます。著者の香葉村さんの思い、そして、出版社さんの思いが詰まったこの本を読めば、ぐっと世界観に引き込まれて、人っていいな。本っていいなと感じていただけること間違いなし!子育て中の方や、教育に関わる方は必読なのはもちろんですが、人と関わる全ての方に読んでいただきたい、8月のとっておきのおすすめです!もちろん、プレゼントでも喜んでいただけますよ♩

カートに入れる:

  • モデル: hikarukoe


人情横丁