変な人が書いた人生の哲学〜一人さん狃薛瓩療学(考え方)の書! [4569838342] :
読書のすすめ    カートを見る      

変な人が書いた人生の哲学〜一人さん狃薛瓩療学(考え方)の書!

1,728円

斎藤一人著【7月1日頃入荷予定】◆待望の斎藤一人さん著の最新刊は、一人さんの哲学(考え方)を、「人生」、「仕事」、「人間関係」、「お金」のテーマにまとめた、一人さんとしては初の狹学瓩遼椶任后0貎佑気鵑旅佑方の軸を学ぶための必読の書!帯に書かれているように「つらいとき、悩んだとき、どんなときもこの本が味方ですからね。」と書かれていますが、迷った時に原点に戻るような、いつも持ち歩きたい、まさに一人さんの考え方の集大成的な1冊です。斎藤一人さんの本を愛読している方は、お見逃しなく!◎『変な人が書いた人生の哲学』には、一人さんが今までの人生で、問題に直面したとき、それを解決する過程で大切にしてきた「哲学」(考え方)がたっぷり書かれています。※「哲学」といっても決して難しいものではなく、この本の「哲学」とは、人生で悩んだり、うまくいかなかったりするときに立ち戻る「自分の軸」になるようなものです。→<目次より>第1章「人生の哲学」・人は何のために生きるのか・恵まれない環境に生まれてしまったら・世の中は良くなっていくのか(不安に思っている悪いことは、実際は50分の1しか起きない)・成功する人生を送りたい(人生は上、横、下に行く三つの道しかない)・幸せになるには(立派な人より幸せな人になろう)・夢が持てない・失敗から立ち直るには(「しかたなくやっている」を「やりたいからやっている」に変えてみる) 第2章「仕事の哲学」・仕事とは何か・仕事には行きたくない(評価されないときは声を大きく、「ソ」の音程で話してみる)・経営することについて・部下の育成方法とは(みんな商人だと思えば、上司も部下も立場は対等)・商売を楽しくするために(商いは笑人の戦場なり。商人は笑顔で闘わないといけない) 第3章「人間関係の哲学」・嫌な人とどうつきあうか・信頼できる友人の選び方は・親子関係を修復するには・許せない人がいる・愛するとは何か(自分の絶対的な味方になることが、自分を愛するということ) 第4章「お金の哲学」・お

カートに入れる:

  • モデル: 4569838342


読書普及協会