小料理みな子傑作選―看板のない居酒屋をモデルにした幻のマンガ [4286071978] :
読書のすすめ    カートを見る      

小料理みな子傑作選―看板のない居酒屋をモデルにした幻のマンガ

1,188円

みやたけし著◆先日、あるお世話になっている出版社の美人編集者M女史から 電話があったんです。 「ねえねえ、店長知ってる?【看板のない居酒屋】の岡村浪漫を モデルにした幻のマンガあるのよ。一冊手に入れたから読んで」 というのです。 聞くと「幻のマンガ」といういい方は、決して大げさなことではなく、 うちのライバル会社では五万円で売られているんですって。 著者は「みや たけし」さんという方で、以前はスポーツに関する 人気マンガを書かれているかただそうで、ファンもたくさん いらっしゃるそうなんです。 みやたけしさんは只今静岡にお住いのようで、 【看板のない居酒屋】岡村浪漫の常連さんのようです。 その幻のマンガとは、 【小料理 みな子---傑作選】 著者のみやたけしさんは、女史によると、 今はまったく無欲の生活をされていて、こちらの本をまるっきり 売ろうとはなさらないとのこと。そんなわけで、この本はご自宅の 押し入れの中で、ひっそりとダンボールに入れられて眠っているんですって。 私もさっそく読ませていただきましたが、こりゃー面白い!!! 押し入れに眠っている場合じゃないぜ!(笑) 小さな居酒屋さんをひっそり営む店主みな子。 そこに色々な人が集まってくる。みな子が、集まる人たちの心を ちょっとのぞいて、かける言葉や料理。これがみんな温かいんだな〜。 それでみんなが元気になる。まるで朝ドラひよっこのすずふり亭と 同じ雰囲気です。(笑) 【看板のない居酒屋】岡村浪漫のモットーは 「居酒屋づくりとは人間形成の場」だと謳われています。 まさにその通りですね。居酒屋さんだけでなく、本当の小売店というのは、 そもそもそんな場が正しい立場ではないでしょうか。 ドクスメにもいろんな方が来られます。みんなでワイワイガヤガヤ 騒いだり、時には苦しみ悲しみを分かち合ったり、勇気をあげたり もらったり。また、たまに声を上げて叱り飛ばしたり。(笑) 近頃の日本人の労働観は、仕事と遊びとを分けて考え、 お給料が高い会社、安定している仕事など、人との人の関わりをもって、 自分もお客さんも共に成長していく場であったはずです。 「いらっしゃいませ」や「ありがとうございました」などの接客の言葉 だったり態度だったり、ぜんぜん氣が入ってない。 働く方もロボットなら、お客さんの方はかぼちゃか何かだと思って いるんじゃないだろうか?と、そんな場面に出くわすことも 近頃は多くなりました。こんなんじゃ、仕事だって面白くないでしょうにね。 大袈裟に言えば、日本精神の崩壊ですぞ。 効率を求めてばっかりのビジネス本や、人をどうやって操ってやろうという マニュアル本などを千冊読んだってこのマンガにはかなわないだろうと 思いますよ。わたしは。 だんだん愚痴っぽくなってきてしまいました。(笑) 【看板のない居酒屋】岡村浪漫をモデルにしたこちらの 幻のマンガ。一般書店にも南米の方でも売られておりません。 かっこつけて言わせていただけば、ドクスメ独占販売です。(笑) 人とつながり、喜んでもらう「働き方」がここにあります。 【看板のない居酒屋】と共に読んでいただけたらと思います。 ただいま、著者の岡村佳明さんにサインしていただいた本が 数冊ございます。 日本精神の労働観を、この国の偉い人たちは壊そうとしているように 見えます。そんなの良くないに決まってます。 私たち真っ当な庶民からしっかりとした日本人の労働観を取り戻して、 後世に残してまいりましょう。

カートに入れる:

  • モデル: 4286071978


読書普及協会