「モテる男」と「嫌われる男」の習慣 [4756919038] :
読書のすすめ    カートを見る      

「モテる男」と「嫌われる男」の習慣

1,512円

今井翔著※6月9日入荷予定。【『魂が震える話』著者安藤けいさんのブログ「魂が震える話」ブログにて、おすすめの本がこちら!】早速、安藤けいさんのブログでご紹介のおすすめ文をご覧ください→◆「モテる人の特徴」のお話です。 __ 冷たそうな印象だった上司が、ついコーヒーをこぼしてしまい、慌ててシャツについたシミを取ろうとした・・・。 そうした場面を見て、「あの人も完璧じゃないんだ」と安心して、親密感を覚えたことがあると思います。 完璧な人よりもちょっとダメな部分が見える人の方が、好感を持てるのです。 モテる男はそのことをきちんと理解しているので、自分のダメなところを無理に隠そうとはしません。 むしろ、ダメなところを「愛嬌」と考えています。 人は誰でも、ある分野では天才であり、また違う分野では凡人なのです。 嫌われる男は、それを理解していません。 自分が何でもできるように振る舞い、まるで完璧な人間のように生きようとします。 ですが、すぐにほころびが周囲に見えてしまいます。 自分に嘘をついているため自尊心が育たない上、周囲からの評価も低くなりがちです。 できないことや不得意なことは、決して恥ずかしいことではありません。 あなた以外の人の方が得意なわけですから、相手を尊重して依頼すればいいだけのことなのです。 その際も、卑屈になって自分がその分野が苦手なことを伝えるのではなく、依頼する相手の才能を賞賛するかたちを取りましょう。 そうすることで、相手は気持ちよく依頼されたことをこなしてくれます。 __ 「モテる男」と「嫌われる男」の習慣 今井 翔 著 明日香出版社 __ 自分の欠点をオープンに出来る人は、返って好感が持てますね♪ さらに、モテる秘訣のお話がもう一つあります。 __ むかし、中国の衛(えい)の国に、哀駘它(あいたいだ)という、まったく風采のあがらない男がいました。 ところが、彼と接した人たちは、みんな彼を慕って離れようとしません。 誰もが、「あいつはいい男だ」「あんな気持ちのよい男はいない」などと絶賛します。 たくさんの男たちが、彼と友達になりたがったのです。 娘たちがこの哀駘它を見ると、 「ほかの男の妻になるより、お妾(めかけ)さんでもいいから、彼と一緒になりたい」と、 数十人の女性たちが両親に泣いてせがむという始末。 もう、モテモテで大変! 彼は、決して豪壮な家に住んでいるわけでなく、とりたてて財産があるわけでもありません。 権力も地位もなく、ごくごく平凡な男に過ぎません。 彼の魅力は、いったい何だったのか? 「和して、唱えず」。 つまり、彼は、何を言われてもハイハイと素直に答える男だったのです。 なぜ、彼がそのような態度を取り続けることができたのか。 彼は、すべての人に好意が持てたからです。 __ 「老子・荘子」 野村 茂夫 著 角川ソフィア文庫 __ 相手に好感を持って接するから、自分も相手から好感を持たれるということです。 モテモテになりたい方! 欠点をさらけ出しつつ、素直に好意を持って受け止めていきましょう♪」「魂が震える話」ブログより。

カートに入れる:

  • モデル: 4756919038


人情横丁