乙女の心得〜ほんとうの美人になるための1冊! [4907461133] :
読書のすすめ    カートを見る      

乙女の心得〜ほんとうの美人になるための1冊!

1,620円

石川真理子著※あまりにも素敵な本なので、6月6日50冊緊急入荷決定!【特に女性に読んでいただきたい本ですが、『女子の武士道』や『女子の教養』と同じく、男性の方が読んでも、大いに学びある1冊。男性の方も是非!】◆読書のすすめで今も大人気!『女子の武士道』、『女子の教養』の著者、石川真理子さん待望の最新刊は、ズバリ「本当の美人になるための1冊」です。書名の「乙女」の言葉は意味があり、上代(つまり奈良時代のころ)においては成年に達した大人の女性のことを「をとめ」としていました。女性はいくつになっても「乙女」であり、むしろ人生における様々な経験を経て、いっそう純粋で感受性豊かで若々しい乙女心を持って生きていくことが、輝くような内面の美へと通じていく。そんな著者の石川真理子さんの想いが込められて、「乙女の心得」とう書名になっています。そして、ほんとうの美人であった明治の女性たちが乙女心を磨くための教科書が、修身の本でした。そんな、「ほんとうの美人」になるための教科書である修身を用いて、明治女子教育の先駆者とされた、下田歌子氏の教えを、現代人にも活かせるように解説を加えたのが、こちらの本です。―「私たち女性は慈恵によって社会に美しい花を咲かせるのです。」「おしゃれの極意は「自分を美しく見せよう」という考えを捨てること。」「誠のない交際は、自分自身はもとより相手にとっても不幸なもの。」「理想は大空に光る月のようなもの。近づこうとする努力そのものが尊いのです。」「相反するもの反目もすれば協力もできる。男女が共同することで社会は発展します。」「人として、女性としての修養ができているか。良妻とは「人格者」ということです。」「真の勇気、四か条。冷静沈着、争わない、望みすぎない、失望しない。」「女の一念岩をも徹す。覚悟をもって信念を貫く力は男性にも勝っています。」「武士道精神は今なお日本の誇り。混迷の時代、「和の心」は今や世界に求められている。」そして・・・「かたわらの人に親しみを感じさせ、なんとなく神々しい、また慕わしい観念を与え、さほど飾っておらなくとも、おのずから心の花の匂いが表に現れてくる。これこそ、第一の美人と申してよいでありましょう。」下田歌子 これらの言葉に一つでもドキッとした方は、是非すぐに読みましょう!よ〜く読むと、これは女性の方にだけ大事なことだけではないことだと分かります。女性は、品格ある「ほんとうの美人になるための」内面の磨き方の書として、より素敵な女性に、より素敵な母親になるための、まさに女性の必読書です。※男性が読まれても、「ほんとうの美人に出会う」ための本としても読めるかもしれませんよ。もちろん、心の磨き方としての修養書としても男性の方が読んでも◎。是非、「世界が日本化している」今こそ読むべき、とっておきの1冊です。女性の方はもちろん、男性の方もお見逃しなきようにお願いします!

カートに入れる:

  • モデル: 4907461133


人情横丁