人間繁盛の法則 [4884749910] :
読書のすすめ    カートを見る      

人間繁盛の法則

1,620円

井本全海著※5月12日入荷予定。【『魂が震える話』著者安藤けいさんのブログ「魂が震える話」ブログにて、おすすめの本がこちら!】早速、安藤けいさんのブログでご紹介のおすすめ文をご覧ください→◆「貯金型」と「借金型」のお話です。 _ 【気分をよくすれば、貯金。気分を害すれば、借金】 簡単にいうと、貯金型は、相手の期待値を超える人です。 借金型は、相手の要望値を下まわる人です。 例えば、レストランへ行き、千円を支払って千五百円分の満足が得られたら、そのお店は貯金型の商法です。 貯金をすれば、また来ようとリピーターになってくれます。 リピーターがよい噂を流して、ますます繁盛するでしょう。 飲食店などでよくいわれている「料理の味より人間の味」。 スタッフの人間力がものをいいます。 千円を支払って、五百円分の満足しか得られなければ、そのお店は借金型です。 借金をしてしまうと、もう次はありません。 その上、悪い噂を流されてしまいます。 もし様々な面で借金をし続けてしまうと、親友だった人が友人になり、友人だったのが知人になり、知人だった人はただの人になり、いつの間にか敵になってしまうこともあります。 これは人、会社、お店の見極め方だけではなく、あなたの生き方にも当てはまります。 _ 人間繁盛の法則 井本 全海 著 致知出版社 _ 人間は、放っておいたら借金型(奪う・テイク)になってしまうそうです。 本来、動物は常に生命の危機にさらされていて、自己防衛本能が大変強いものです。 したがって、自分を守るために、相手を攻めます。さらに、危険や冒険を避ける傾向にあります。 なので、人間が本能のみで生きたなら、動物性が強くなり、自己中心的になり、人間関係がスムーズにいかないというのが「普通」のことだといいます。 ではどうしたらよいのか? そこで、「人間性」を意識する必要があるのです。 人間性とは後天的なもので、本能の「動物性」をコントロールする力であったり、常に向上心を持ったり、理性、知性、言語、協調性、愛情など学んでいく事によって高まります。 この「人間性」は、元々備わっているものではありません。 かつて、インドで狼に育てられた少女が発見され、その少女は人間性がほとんどゼロだったという報告もあります。 つまり、「人間性」とは人とかかわることで生まれ、育まれていくもので、意識して努力して身に付いていくのです。 そしてその人間性こそが「与える・ギブ」といった「貯金型」の人の特徴だったのです! 人としての繁盛も、お店の繁盛も、会社の繁盛も、この人間性の特徴である「与える」思考が本当に大切ですね♪」「魂が震える話」ブログより。

カートに入れる:

  • モデル: 4884749910


読書普及協会