百魔〜頭山満無二の盟友、「其日庵杉山茂丸」の代表作! [4906917365] :
読書のすすめ    カートを見る      

百魔〜頭山満無二の盟友、「其日庵杉山茂丸」の代表作!

5,292円

杉山茂丸著◆今、清水店長が、『「読書のすすめ」店主として、「逆のものさし講」代表として、「NPO法人読書普及協会」顧問として、元治元年生まれ、明治大正昭和と日本のために命をかけて、しかも愉快に時代を駆け抜けた人物の本を紹介し、オススメしたい』と大絶賛の人物が「杉山茂丸」という人物です。杉山茂丸は、小説『ドグラマグラ』の著者夢野久作の父親であり、当店でも大人気の「頭山満」の無二の朋友でありながら、頭山満の「玄洋社」には所属せず、行動を共にし、経済や政治の分野で、常人の思いもつかない機略を提示し、息をもつかせぬ饒舌で説き立て説きつくす座談ぶりから、人からは通称「ホラ丸」と呼ばれ、自らを「もぐらもち」と称もして、モグラの如く、華々しい政治の世界の裏面で、人知れずその渦の中心に存在した大人物なのです。自らは官職も議席も持たない在野の浪人であったが、山縣有朋・松方正義・井上馨・桂太郎・児玉源太郎・後藤新平・寺内正毅らの参謀役を務め、政界の黒幕「杉山茂丸」は、今読書のすすめが強くおすすめしている、裏側の歴史である「稗史」を最もよく知る人物であるとも言えます。啓発本などよりも、真に肚の底から、やる気、勇気が湧き出てくる人生の「稗史」を生き抜いた「杉山茂丸」氏の本は、タテ糸読書を実践されている方の必読書です!※明治大正期の三味線を使って語る浄瑠璃の義太夫界の大立者とも親交があり、自らも義太夫を語るほどで、文章にもユーモアがあり、出版社の方も「頭山満の本と比べ物にならないほど面白い!」と紹介してくださったほどの逸品です。貴重な本なので、いつ品切になるか分かりませんし、売り切れてしまうと入荷までに通常よりもお時間をいただく場合もあります。是非、この機会にお見逃しなく!!→◎明治・大正・昭和の3代に渡り一貫して政界の黒幕として活躍し、また小説家夢野久作の父としても知られた名代の壮士・其日庵杉山茂丸の幻の代表作がこちらの『百魔』です。本書はその杉山が、自らの政治活動のなかで出会った伊藤博文や星一といった著名な政治家や財界人を始め、無名の一般庶民にいたるまでの様々な人々との交遊を痛快に語ったユニークな近代人物伝!歴史の表裏に蠢く個性豊かな人物達の言行の奇抜さ面白さを余すところなく吐露した世紀の稀書とも言われ、規格外の人道に生きた百魔男女の、心おどらす物語が満載です。※初めの「同郷の偉人頭山満氏との初対面」から、グイグイ引き込まれます。頭山満氏の本を読まれている方や、タテ糸読書の実践者の方々にとってはヘタな本の何倍もお役に立つであろうとってきの隠れた名著です。

カートに入れる:

  • モデル: 4906917365


読書普及協会